雑誌『アスキードットPC』に、
『これが東大生・京大生の部屋だ!』が掲載されました!

発売中のウインドウズ系パソコン雑誌の『アスキードットPC』2月号(2009年12月24日発売 アスキー・メディアワークス )の「読後感 ~編集部が読破した話題の新刊」という本の紹介コーナーに、『これが東大生・京大生の部屋だ!』(朝日奈ゆか・著 扶桑社)を紹介していただきました!!
P.139に表紙の写真入りで掲載されています。

『アスキードットPC』に、『これが東大生・京大生の部屋だ!』が掲載

『アスキードットPC』に、『これが東大生・京大生の部屋だ!』が掲載

 

現役の学生が、机まわり、本棚、キッチン、風呂、クローゼットの中など部屋のすみずみまでと、…(略)…。また、不登校やうつ、失恋、友人との不仲などの体験を赤裸々に告白し、メンタルコントロール術をも披露。…(略)…」

と、端的にズバッとこの本のポイントを案内していただいています。数ある本の中から選んでくださった方、ありがとうございます!

ちなみに、お隣には『大作家”ろくでなし”列伝』(福田和也 ワニブックス)、『坂本龍馬 手紙に見る真実の姿』(外川淳 アスキー新書)、写真には写っていませんが、上には『ハリウッドではみんな日本人のマネをしている』(マックス桐島 講談社)が掲載されています。どれも旬の話題本で、記事を読めば全部読みたくなるご紹介でした。

ところでこの雑誌の第一特集、表紙にタイトルがデーンと出ていますが、「安い&速いのウインドウズ7 パソコン購入術」は読み応えがありました。特に、ウインドウズ7に乗り換えるついでに新しいPCを買おうと思案中の社員Uは、「今のPCのお悩みにドンピシャな内容」だと喜んでいました。

ほかにも、無料ソフトの特集や、連載のような「困った! できない! を解決 ドットPC相談室」など、すみからすみまで、「カユイところに手が届く」記事ばかり。マニアックになりすぎず、一般ユーザ向きにとてもいいころあいな情報が並んでいましたた。気付いたら、数時間も集中して読みこんでいた次第です。愛読します!

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら