弊社代表の著書『不動産屋は見た!』の主人公モデルが、
フジテレビの番組『奇跡体験! アンビリバボー』に出演!

弊社がよく取材協力をお願いしている不動産アドバイザー・穂積啓子さんが、フジテレビの番組『奇跡体験! アンビリバボー 2時間スペシャル』(7月24日木曜 19:57~21:48放送)に出演されました。

テーマは「実録! 日本の衝撃事件簿スペシャル」。

140726_01

その昔に関西で起こった悲惨な事件の実録ドラマが流れたあと、穂積氏が専門家として、「賃貸住宅の合鍵について」コメントします。

その実録ドラマとは、「鍵泥棒による殺人事件」でした。ひと昔前までは、家を他人に売った場合でも、玄関の鍵を変えないままだったとか。そこで、前の持ち主の合鍵と財布を拾った男が泥棒目的でその家に侵入、新住人の新婚夫婦を殺害するという話でした。

その後、番組はナレーションで、「現代の賃貸住宅の鍵の管理はどうなっているのでしょうか?」と尋ねます。ここで穂積氏がVTRで登場、次のコメントをします。

140725_hodumi1

「新しい入居者が決まった時点で新しいシリンダーに交換し、新しい鍵をお渡しするのは大家さんの責任です。でもこれは、そうしないといけないという決まりはなく、大家さんや管理会社がその責務として交換していいるのが現状です。なかには、鍵を交換しないまま、次の入居者に貸出している例も多くあります」

収録後に穂積さんは、こうアドバイスをします。

「皆さん、意気揚々と新しい家に引越して、大家さんから受け取った鍵が実は前の入居者と同じ鍵だったとしたら、どう感じますか……。皆さんが手にする新しいと思い込まれている鍵は、実は新しくないかもしれません。

退去するときに鍵は変換しなければなりませんが、スペアキーを作っていたらなんのことはない、前の人は簡単にその部屋にいつでも入ることができるわけです。

新居に引っ越したらまず、鍵の交換を行っているかどうかを大家さんに確認してください。『しているだろう』という希望的観測でやり過ごしてはいけません。『知らない誰かが部屋に侵入してきた』という事件に発展した実例はとても多いのです」
今の時代、自分の身を守るには、これぐらいの確認は必須です!

140725_hodumi2

弊社の朝日奈が企画協力しましたので、番組のエンドロールでは、弊社名「株式会社ユンブル」と、出版社の「東京書籍」の名称が流れました。

140726_anbiribabo2_350
穂積啓子氏は、この本(コミックエッセイイ。↓写真)の主人公「大阪の善良なる不動産屋さん」のモデルとなってくださった方です!

タイトルの真ん中の漫画、「私がお訪ねした理由…、わかってますね?」のセリフは穂積さん。
同書の原作・文・編集まで行った弊社の社長・朝日奈ゆかは、「このヒトコマ、そのまんまのお人です」と証言しています(笑)

『不動産屋は見た! 部屋探しのマル秘テク、教えます』(原作・文 朝日奈ゆか 漫画 東條さち子 東京書籍)

『不動産屋は見た! 部屋探しのマル秘テク、教えます』(原作・文 朝日奈ゆか 漫画 東條さち子 東京書籍)

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら