■「スマホ老眼」かも? 眼科専門医が教えるケアと予防法7つ

「スマホ老眼」という言葉を耳にすることがよくあります。
みさき眼科クリニック(東京都渋谷区)の石岡みさき院長は、
「医学的には、『調節緊張』と言います。スマホのモニタを凝視することで、
若い人であっても一時的に老眼のような症状になる場合があります」
と話します。

『ウートピ』という生活情報サイトを基幹に、
複数のポータルサイトに
記事を配信しました。ぜひ参考になさってください。

https://wotopi.jp/archives/71740

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

■頻繁に起こる足のつりは消化器系の病気のサイン?

夜中に突然、足がつって辛いことがあります。

消化器内視鏡専門医・臨床内科専門医で漢方専門医でもある吉田裕彦医師は、

「足のつりの原因は、筋肉の状態だけではないことがあります。頻繁に起こる場合は、

糖尿病や腎臓の病気、また、とくに見落とされがちなのが、消化器系の病気です」と話します。

続きはこちらの記事にて!

『これカラダ!』というロート製薬がスポンサードの生活情報ポータルサイトに配信しました。
参考になさってください。


https://kore-karada.jp/201806154747/

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら