■「スマホ老眼」かも? 眼科専門医が教えるケアと予防法7つ

「スマホ老眼」という言葉を耳にすることがよくあります。
みさき眼科クリニック(東京都渋谷区)の石岡みさき院長は、
「医学的には、『調節緊張』と言います。スマホのモニタを凝視することで、
若い人であっても一時的に老眼のような症状になる場合があります」
と話します。

『ウートピ』という生活情報サイトを基幹に、
複数のポータルサイトに
記事を配信しました。ぜひ参考になさってください。

https://wotopi.jp/archives/71740

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

■頻繁に起こる足のつりは消化器系の病気のサイン?

夜中に突然、足がつって辛いことがあります。

消化器内視鏡専門医・臨床内科専門医で漢方専門医でもある吉田裕彦医師は、

「足のつりの原因は、筋肉の状態だけではないことがあります。頻繁に起こる場合は、

糖尿病や腎臓の病気、また、とくに見落とされがちなのが、消化器系の病気です」と話します。

続きはこちらの記事にて!

『これカラダ!』というロート製薬がスポンサードの生活情報ポータルサイトに配信しました。
参考になさってください。


https://kore-karada.jp/201806154747/

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

■6月から始める! 「舌下免疫療法」で 花粉症の根治が期待できる

スギ花粉症やダニアレルギー性鼻炎の治療法のひとつに、
「舌下免疫療法」があり、2014年に健康保険適用となりました。
また、この6月末には、新たに錠剤も登場します。

耳鼻咽喉科専門医でとおやま耳鼻咽喉科(大阪市都島区)の遠山祐司院長は、
「この治療は、スギ花粉の飛散が落ち着く6月~12月からスタートします」と話します。
どういった治療法なのでしょうか。

『マイカラット』という生活情報ポータルサイトに記事を配信しましたので、
ぜひ参考になさってください。

https://mycarat.jp/articles/1109

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

心身医学専門医に聞く。「腸内フローラ」がストレス、性格にも影響する?

ストレスや不安、緊張が強いと、便秘や下痢になる……心当たりがある人も多いのではないでしょうか。
心身医学専門医で心療内科医・野崎クリニック(大阪府豊中市)の野崎京子院長は、
「脳がストレスを感じると腸の働きに影響することは知られていますが
、最近では、逆に、腸の状態が脳や心に影響を与えているという研究結果が発表されています。
『脳腸相関』と呼び、『腸内フローラ』が関わっているという説です」と話します。
いったいどういうことなのでしょうか。最新の情報を教えていただき、
『これカラダ!』というロート製薬がスポンサードの生活情報ポータルサイトに記事を配信しました。
ぜひ参考になさってください。

https://kore-karada.jp/201804164273/

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

世界初・iPS細胞で目の手術を実施した髙橋政代リーダーが語る 「網膜の病気への応用」

『これカラダ!』という健康・家庭医学の情報ポータルサイトに記事を配信しました。

昨秋、大阪で開催された「第31回日本臨床内科医学会」のレポートのひとつをお届けします。

4月10日に当Facebookページでご案内しました山中伸弥教授のご講演に続いて、
髙橋先生が「iPS細胞の網膜疾患への応用」と題したご講演をされました。

髙橋先生は、2014年にはイギリスの科学誌『ネイチャー』の科学分野で
「2014年に注目すべき5人」に、また、同「今年の10人」に選出されたことでも知られる方です。

ぜひ参考になさってください。

https://kore-karada.jp/201804024141/

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

理学療法士が教える。おなか&ももやせに「スクワットアレンジ」3つ

『マイカラット』という健康 情報ポータルサイトに記事を配信しました。

おなかの筋肉を含め、下半身全体を効率よく鍛える方法として知られるスクワット。
理学療法士で鍼灸師、またプロトレーナーでもある仲川豊基さんは、
「スクワットは、一度の動作でふともも全体と、
おしり、おなかなど、複数の部位の大きな筋肉を鍛えることができます 」と話します。

そこで、「下半身のシェイプアップのためにアレンジを加えたスクワット」をレクチャーしてもらいました。


https://mycarat.jp/articles/906

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

「フレイル(高齢者の虚弱)」を知って、認知症を楽しく予防する

『これカラダ!』という生活情報ポータルサイトに記事を配信しました。

昨秋に大阪で開催された「第31回日本臨床内科医学会」の一環で、一般参加者を対象とした市民公開講座のレポートをお届けします。

糖尿病がご専門の坂根直樹医師 の講演は、クイズやじゃんけんによる愉快な認知機能のチェックが織りまぜられ、350名超の一般の参加者が集う広い会場には終始歓声が響いていました。
ぜひ参考になさってください。

https://kore-karada.jp/201804024092/

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

【本日発売!】新刊です 弊社代表の企画編集
『すべての疲労は脳が原因3 <仕事編>』

本日9月15日、弊社社長の朝日奈ゆかが企画編集した次の本が、
全国の書店、ネット書店、電子書籍にて発売になりました!

 

『すべての疲労は脳が原因3 <仕事編>』

(著・梶本修身  集英社新書 ¥740・税別)

 

シリーズ累計18万部を突破!


本書は、疲労のメカニズムを科学的に解説した
すべての疲労は脳が原因』(集英社新書)、続編の
すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』(同)に続く、
シリーズ第三弾です!

第一弾の『すべての疲労は脳が原因』は10万部を、
すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』では
累計15万部を突破し、本書の
すべての疲労は脳が原因3 <仕事編>
の刊行で、
シリーズ累計18万部のベストセラーとなっています!

著者の梶本修身氏は、疲労研究の第一人者の医学博士、
大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授、
東京疲労・睡眠クリニック(東京都港区)院長です。

本書では、「疲労コントロール力」を身につけ、

・「ヒトは手を抜くのが当たり前」の発想を持つ 
・「60%の力で70%の結果を出す」と仕事のパフォーマンスは高まる 
・新幹線や飛行機での「移動疲れを避ける方法」
・部下に怒りたいときの2つの対処法

など、「ビジネスパフォーマンスの向上法」
疲労医学の観点から説いています。

 

詳しくは、弊社ウェブサイトでご案内しています。

ユンブル・トピックス File.28
『すべての疲労は脳が原因3 <仕事編>』

ぜひご一読ください!!

 

↓シリーズ第一弾の『すべての疲労は脳が原因』 (集英社新書 700円・税別)

 

↓第二弾の『すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』 (集英社新書 720円・税別)

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

テレビ東京系列の番組『ソレダメ!』
疲労医学の梶本修身医師登場!
夏バテ対策を紹介

8月16日木曜18:55〜のテレビ東京系列で放送の番組、

『ソレダメ! あなたの常識は、非常識。』

に、疲労医学の梶本修身医師が登場し、

「脳の疲労回復に効く夏バテ対策の新常識ソレマル 5連発」

を紹介されました。

梶本医師は、弊社代表の朝日奈が企画編集しました書籍、

すべての疲労は脳が原因』、
すべての疲労は脳が原因2 ~超実践編

(ともに集英社。累計15万部です!)の著者です。

番組冒頭で、その2冊が画面いっぱいに紹介されました。うれしいです!

 

そして梶本医師は、「夏バテの原因は体の不調と思いがちですが、

すべて脳の疲れです。正しい夏バテ対策は、脳を疲れさせないことです」と説明します。

 

続いて、具体的に、夏バテ対策の方法が紹介されます。

・コンビニでも買える脳の疲労回復ができる食べ物は?
A.サラダチキン B.チョコレート

答えは、A!

鶏の胸肉に含まれる『イミダペプチド』が脳の疲労回復に作用することが分かっています

と梶本医師。

・朝目が覚めたら○○○○○する。

梶本医師
『夏は、ジョギングやウォーキング等の運動は、朝早く起きて涼しい朝にする』のはソレダメです。

早起きしたときはまだ自律神経が目覚めていないことが多く、心筋梗塞(こうそく)を

起こすなど危険が増します。血圧や心拍のコントロールに悪影響を及ぼします。

脳を目覚めさせるためのストレッチを、1~2分ほど下半身を中心にひねる、伸ばすぐらいでいい

答えは、「軽くストレッチ」でした!

 

さらに、次のような夏バテ対策情報が続きます。

「夏バテ解消にはウナギや焼き肉などスタミナ料理を食べるのはソレダメ」、

「脳疲労を抑えるためのアイテムは、帽子? サングラス?」

「紫外線対策効果があるサングラスは、濃い色? 薄い色?」

「暑い日は温かい飲み物を飲むのはソレダメ」

「暑い日にお風呂につかって汗をかくのはソレダメ」

「クーラーにタイマーをかけるのはソレダメ」

これらの答え、脳疲労を予防する、回復する方法は、

すべての疲労は脳が原因

すべての疲労は脳が原因2 ~超実践編に詳しく紹介しています。

全国の書店、ネット書店、電子書籍にて絶賛発売中です。
ぜひご一読ください!

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

新春来福 年始のご挨拶

明けましておめでとうございます

旧年中は格別なご高配を賜り
厚く御礼申し上げます
本年の皆さまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます
本年も、より一層のご支援を賜りますよう、社員一同
心よりお願い申し上げます

 


↑弊社の本年の年賀状でございます

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら