■9月14日『波の上のキネマ』発刊記念 著者・増山実氏トークライブ開催!

波の上のキネマ』(小説 集英社 1,850円税抜)の著者の、
増山実さんによる「『波の上のキネマ』発刊記念トークライブ」を
2018年9月14日(金)、大阪市中央区の
隆祥(りゅうしょう)館書店にて開催します!

同書は、前回ご紹介しました、2018年8月24日に
全国の書店、ネット書店で発売開始の
弊社代表・朝日奈ゆかが刊行に際して協力しました小説です。

詳細は下記チラシ、または、こちらを参考になさってください!

 

 

・主催・会場:隆祥館書店
大阪市中央区安堂寺町1‐3‐4 隆祥館書店8階 多目的ホール
地下鉄谷町線谷町6丁目駅7番出口向かい
・開場:18時30分 開演19時
・参加費:3500円
(参加費1,502円+書籍代1,998円。当日の場合は500円アップ)
・お申込みは隆祥館書店 TEL:06-6768-1023 まで。
要予約、事前購入制で、申し込み順となります。

『波の上のキネマ』 帯の推薦文は、博多大吉さん、
カバーの装画は、『羊と鋼の森』(宮下奈都)や
絵本『うきわねこ』(蜂飼耳)などの表紙や挿絵で知られる牧野千穂さんです。

著者の増山実氏

ぜひ、ご参加をお待ちしております!

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

■本日発売! 小説『波の上のキネマ』(増山実 集英社)

弊社代表の朝日奈ゆかが刊行に際して協力しました小説、
『波の上のキネマ』(増本実・著 集英社 1,850円税抜)
が2018年8月24日に全国の書店、ネット書店などで発売になりました!

著者の増山実氏は放送作家で、関西の人気番組『ビーバップ! ハイヒール』などの
人気番組を手がけています。1958年大阪府生まれ、同志社大学法学部卒業。

2012年に『いつの日か来た道』(角川春樹事務所)で第19回松本清張賞最終候補となり、
それを改題した『勇者たちへの伝言』(同)で2013年にデビューをし、
2016年に「第4回大阪ほんま本大賞」を受賞しました。
他の著書に『空の走者たち』(2014年 同)、『風よ僕らに海の歌を』(2017年 同)があります。

<内容のご紹介>

尼崎(あまがさき。兵庫県尼崎市)の小さな映画館を父親から引き継いだ安室俊介は、
収益を上げることは年々難しくなってきたことから、閉館することを考えていた。

ある日、創業者である祖父と知り合いだったという、男から連絡が来る。
その男から、祖父は若い頃、
脱出不可能と言われた島で強制的に働かされていたという驚くべき事実を告げられる。
祖父はなぜその島に行き、どのように脱出をしたのか、
なぜ映画館を始めたのか。
祖父の若かりし日々を追い、俊介はその島へと向かった。

歴史のうねりと個人の生が紡ぎだす、感動と興奮の長編小説です!

また、帯の推薦文は、博多大吉さん、カバーの装画は、『羊と鋼の森』(宮下奈都)の表紙や
絵本『うきわねこ』(蜂飼耳)の挿絵などで知られる牧野千穂さんです。

詳しくは、弊社ウェブサイトでご案内しています。ぜひご覧ください!

ユンブル・トピックス File.29
『波の上のキネマ』

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

■夏の代謝ダウンを改善する「ツボ押しヨガ」3つ【鍼灸師が教える】

「夏は基礎代謝の量がダウンし、体重が増加します」と話すのは、
鍼灸師で理学療法士、またプロトレーナーでもある仲川豊基さん。
こうも暑いと、運動をする気力がなかなかわきません。
そこで、冷房がきいた部屋でできる、代謝アップのために有用な、
「ツボを刺激しながら筋肉を引き締めるヨガ」を教えていただきました。

『ウートピ』という生活情報サイトを基幹に、
複数のポータルサイトに記事を配信しましたので、ぜひ参考になさってください。

https://wotopi.jp/archives/73943

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

■ポイントは「すぐに洗い流す」 海・プールの後のヘアケア【美髪プロが教える】

『ウートピ』という生活情報サイトを基幹に、
複数のポータルサイトに記事を配信しました。

海やプールの後は、髪がごわついて傷んでいるような気がします。
美容師で美髪のためのケアを追求する三谷遥さんに尋ねると、
「海水やプールの塩素が髪に付着すると、
予想以上にキューティクルがはがれて髪が傷みます」と話します。
そこで、水遊びの後にしておきたい美髪維持のケア法を教えてもらいました。

ぜひ参考になさってください。

https://wotopi.jp/archives/74006

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

■「スマホ老眼」かも? 眼科専門医が教えるケアと予防法7つ

「スマホ老眼」という言葉を耳にすることがよくあります。
みさき眼科クリニック(東京都渋谷区)の石岡みさき院長は、
「医学的には、『調節緊張』と言います。スマホのモニタを凝視することで、
若い人であっても一時的に老眼のような症状になる場合があります」
と話します。

『ウートピ』という生活情報サイトを基幹に、
複数のポータルサイトに
記事を配信しました。ぜひ参考になさってください。

https://wotopi.jp/archives/71740

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

■頻繁に起こる足のつりは消化器系の病気のサイン?

夜中に突然、足がつって辛いことがあります。

消化器内視鏡専門医・臨床内科専門医で漢方専門医でもある吉田裕彦医師は、

「足のつりの原因は、筋肉の状態だけではないことがあります。頻繁に起こる場合は、

糖尿病や腎臓の病気、また、とくに見落とされがちなのが、消化器系の病気です」と話します。

続きはこちらの記事にて!

『これカラダ!』というロート製薬がスポンサードの生活情報ポータルサイトに配信しました。
参考になさってください。


https://kore-karada.jp/201806154747/

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

世界初・iPS細胞で目の手術を実施した髙橋政代リーダーが語る 「網膜の病気への応用」

『これカラダ!』という健康・家庭医学の情報ポータルサイトに記事を配信しました。

昨秋、大阪で開催された「第31回日本臨床内科医学会」のレポートのひとつをお届けします。

4月10日に当Facebookページでご案内しました山中伸弥教授のご講演に続いて、
髙橋先生が「iPS細胞の網膜疾患への応用」と題したご講演をされました。

髙橋先生は、2014年にはイギリスの科学誌『ネイチャー』の科学分野で
「2014年に注目すべき5人」に、また、同「今年の10人」に選出されたことでも知られる方です。

ぜひ参考になさってください。

https://kore-karada.jp/201804024141/

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

理学療法士が教える。おなか&ももやせに「スクワットアレンジ」3つ

『マイカラット』という健康 情報ポータルサイトに記事を配信しました。

おなかの筋肉を含め、下半身全体を効率よく鍛える方法として知られるスクワット。
理学療法士で鍼灸師、またプロトレーナーでもある仲川豊基さんは、
「スクワットは、一度の動作でふともも全体と、
おしり、おなかなど、複数の部位の大きな筋肉を鍛えることができます 」と話します。

そこで、「下半身のシェイプアップのためにアレンジを加えたスクワット」をレクチャーしてもらいました。


https://mycarat.jp/articles/906

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

【本日発売!】新刊です 弊社代表の企画編集
『すべての疲労は脳が原因3 <仕事編>』

本日9月15日、弊社社長の朝日奈ゆかが企画編集した次の本が、
全国の書店、ネット書店、電子書籍にて発売になりました!

 

『すべての疲労は脳が原因3 <仕事編>』

(著・梶本修身  集英社新書 ¥740・税別)

 

シリーズ累計18万部を突破!


本書は、疲労のメカニズムを科学的に解説した
すべての疲労は脳が原因』(集英社新書)、続編の
すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』(同)に続く、
シリーズ第三弾です!

第一弾の『すべての疲労は脳が原因』は10万部を、
すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』では
累計15万部を突破し、本書の
すべての疲労は脳が原因3 <仕事編>
の刊行で、
シリーズ累計18万部のベストセラーとなっています!

著者の梶本修身氏は、疲労研究の第一人者の医学博士、
大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授、
東京疲労・睡眠クリニック(東京都港区)院長です。

本書では、「疲労コントロール力」を身につけ、

・「ヒトは手を抜くのが当たり前」の発想を持つ 
・「60%の力で70%の結果を出す」と仕事のパフォーマンスは高まる 
・新幹線や飛行機での「移動疲れを避ける方法」
・部下に怒りたいときの2つの対処法

など、「ビジネスパフォーマンスの向上法」
疲労医学の観点から説いています。

 

詳しくは、弊社ウェブサイトでご案内しています。

ユンブル・トピックス File.28
『すべての疲労は脳が原因3 <仕事編>』

ぜひご一読ください!!

 

↓シリーズ第一弾の『すべての疲労は脳が原因』 (集英社新書 700円・税別)

 

↓第二弾の『すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』 (集英社新書 720円・税別)

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

新刊『すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』
日本経済新聞・朝日新聞の朝刊に広告掲載!

弊社代表の朝日奈ゆかが企画編集をした新刊
 

『すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』

(著・梶本修身  集英社新書 778円・税込)
 
この本の広告が、12月17日土曜の朝日新聞朝刊に、
また、12月20日火曜と12月27日火曜の2回、
日本経済新聞朝刊の記事下に、でーんと掲載されました!

 


↑赤囲み部分、12月17日土曜・朝日新聞朝刊の記事下広告より。

 

↑赤囲みの通り、12月20日は日経新聞の記事下の全4段に掲載されました。
掲載サイズの関係で縮小していますが、実物ではこれがもっとも大きかったです。
「すごく目立っていた」と多くの方にお声がけいただきました。

 


↑赤囲みの通り、12月27日も日経新聞の記事下に掲載されました!

 

12月17日の発売以降、大変反響が大きく、アマゾンでは
「脳・認知症」「集英社新書」「診断学一般」の3つのカテゴリーで、
1位にランクインしているほか、前著の
 

『すべての疲労は脳が原因』

(著・梶本修身 集英社新書 756円・税込)
 
この紙の本、および、電子書籍版と合わせて、全3冊が
アマゾンの「集英社新書」の中で、1位~3位にランクインしました。
 
朝日奈が、「これはうれしいです、元気が出ます。ありがとうございます!
と申しております。
 
「疲労を軽減、改善、予防、また解消するために自ら実践できる方法」
を網羅した一冊です。
 
年末年始に、ぜひご一読ください!!
 
↓アマゾン「集英社新書」カテゴリのランキング(2016.12.20)の画面です。

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら