「もの忘れ」予防の栄養素と食材とは?

先日、旅先で忘れものをして、昨日は出社時にメインのカバンごと
自宅に忘れてしまいました。
同僚に話すと、「それ、忘れものじゃなくて、『もの忘れ』では?」と言われた次第です。

「もの忘れ」の予防は一日も早く意識したほうがいいと聞き、
まずは食事面からだと考え、管理栄養士の西山和子さんに取材をさせていただきました。

 


西山さんは、弊社が複数の著書を企画編集しています
糖尿病専門医・福田正博先生の「医療法人弘正会 ふくだ内科クリニック」の
糖尿病療養指導士でもある方です。
専門医が考えた 糖尿病に効く「腹やせ」レシピ』(福田正博 洋泉社)の
監修も担当されました。

福田先生の信頼のもと、日々、患者さんに食事指導をされています。
「もの忘れを予防する食事は、生活習慣病の予防にも直結します」と西山さん。

その記事が、『これカラダ!』(ロート製薬がスポンサーの健康・家庭医学情報サイト)
に配信されました。

《管理栄養士監修》「もの忘れ」対策の栄養素と食材はこれ!

ぜひ参考になさってください。


↑『専門医が考えた 糖尿病に効く「腹やせ」レシピ』(福田正博 洋泉社)

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

糖尿病専門医が教える。 太りすぎ、やせすぎの医学的基準とは!?

ついにメタボかも、このごろまた太ってしまった、あなたやせ過ぎよ……、
日々刻々と体重と格闘している人は少なくないと言います。

ではいったいぜんたい、医学的には自分の体型はどうなのでしょうか?

弊社が複数の著書を企画編集しており、
糖尿病専門医で肥満の患者さんを数多く診断されている
福田正博先生(ふくだ内科クリニック院長)に聞いてみますと、このようなお返事が!

体重を毎日測っては、太りすぎだと思い込んでいる人、
少しでもやせたいと言う人はとても多いのですが、
まず、『自分は太っている』というイメージに根拠があるかどうかを検証してみてださい


ということで、その方法を福田先生に教えていただき、
『マイカラット』という健康・家庭医学の情報サイトに配信しました。

ぜひ、参考になさってください!

糖尿病専門医が教える。
太りすぎ、やせすぎの医学的基準

↑福田正博医師の最新刊『糖尿病は自分で治す!』(集英社新書、740円・税別)

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

臨床心理士が教える、 緊張する場面でリラックスする7つの方法

春が近づくと、公私ともに緊張する場面が増えてくるように思います。

あがり症なので、商談、スピーチ、試験、面談、試合、発表会……、
想像するだけで緊張感が全身に走ります。

こんなときに、少しでも緊張をほぐす方法はないものでしょうか。

そこで、臨床心理士の藤永聡美さんに、
緊張する理由やその対策法についてお話を伺いました。

その記事が、『ウートピ』(ウーマントピックス)を基幹に、
『マイナビウーマン』、『インフォシーク』ほかのポータルサイトに同時配信されました。

ぜひご参考になさってください!

スピーチ、面談、試験…臨床心理士が教える、
緊張する場面でリラックスする7つの方法

http://wotopi.jp/archives/50877

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

大人気!
「近畿大学建築学科の学生が案内する名建築物めぐり」
シリーズの新記事を配信しました!

昨年11月1日に配信の「福岡の天神駅周辺案内」の続編が、
本日、ポータルサイト「マイナビ・学生の窓口」を基幹に、
ライブドアニュース、アメーバニュース、エキサイトニュースほかに
同時にアップされました。

近畿大学建築科の学生が案内する、
天神駅周辺の名建築物めぐり4つ【Part2】

 

↑「マイナビ・学生の窓口」の画面から。クリックで記事に飛びます!

 

近畿大学・福岡キャンパス産業理工学部建築科3年生の藤原丈武(みぶ)さんが
案内する人気シリーズで、大阪編で2つ、福岡編2つ目と続いていますが、
回を追うにつれてアクセス数がぐんぐんアップ、
近畿大学のトピックスサイトでも毎回取り上げられて評判になっています。

博多の天神駅から歩いて行ける名建築物を、
観光やデートで楽しめるように案内してくれています。

学生による、新鮮で、かつ、建築物へのこだわりが感じられる目線でのご紹介、
ぜひご一読ください!

 

■これまでの、藤原丈武さんによる記事はこちら

 

「福岡の旅のおともに! 近畿大学建築科の学生が案内する、天神駅周辺の名建築物めぐり4つ」

「GWのデート・観光に! 近畿大学建築科の学生が選ぶ、 大阪のお気に入り建築物スポット5つ」

「夏休みに行きたい! 近畿大学建築科の学生が選ぶ、大阪のお気に入り建築物スポット3つ」

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

NHK番組「助けて!きわめびと」に出演!
『すべての疲労は脳が原因』の著者・梶本修身医師

弊社代表・朝日奈ゆかが企画編集をした書籍、
『すべての疲労は脳が原因』(集英社新書 756円税込)
の著者・梶本修身医師が、10月29日土曜9:30~9:55
NHK総合の番組『助けて!きわめびと』に、
「疲労回復のきわめびと」として出演されました。

テーマは、「たまった疲れを すっきり解消!」です。

 

161031_01_blog
↑番組画面より。疲労に関する長年の研究で、
「これまで疲労の常識と言われていたことが、
かなり間違っていることがわかったんです」
と、梶本医師の言葉から始まります。

 

161031_02_blog
↑番組画面より。冒頭では、「疲れているのはどこ?」というテーマで、
三宅裕司さん、松嶋尚美さん、アナウンサーの方とのトークが弾みます。

 

「疲労生活から脱出したい」と話す一組の夫婦が登場。
疲労の度合いを表す「ヒトヘルペスウイルス」の数値で
疲労の状態を確認し、
「身近な道具で疲労回復!」
「疲れをとる食べ物とは?」
と、梶本医師が提案するさまざまな疲労回復法を検証しながら、
番組は進行しました。

 


↑番組画面より。「隠れ疲労とは、疲労感がとれている一方で、
(疲労の原因である)自律神経の疲労は取れていない状態であり、
栄養ドリンクに含まれるカフェインや、熱いお風呂やサウナに入った後の
爽快感や達成感が、隠れ疲労を起こしてしまうんです」(梶本医師)

 

番組の最後に、梶本医師はこう話して締めくくります。
疲労を軽減するためには、いろいろな方法があります。
まずは、毎日疲れを軽減する、
そして、夜は良い睡眠をとってもらいたいです

放送の内容は、同番組サイトで紹介されています。

NHK『助けて!きわめびと』
「たまった疲れを すっきり解消!」

 

また、疲労のメカニズムや解消法の具体的な情報を、
梶本医師は、著書で詳しく述べられています。
ぜひご一読ください!!

すべての疲労は脳が原因
↑帯はまだ8万部のままですが、現在、9万部が出版されています。
写真をクリックしていただくと、同書の案内ページに飛びます!

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

『すべての疲労は脳が原因』の著者・梶本修身医師が
BSジャパン「日経プラス10」に生出演!

弊社代表・朝日奈ゆかが企画編集をした書籍、
『すべての疲労は脳が原因』(集英社新書 756円税込)
の著者・梶本修身医師が、9月16日金曜22:00~23:00
BSジャパン『BSニュース 日経プラス10』の生放送で、
「トークplus(プラス)」というコーナーに出演されました。

 

kajimoto_nikkeiplus01
↑番組画面、一部改編です。著書名を赤で囲み、書名が出ました! と入れたのは
弊社スタッフです(汗)。

 

今回のご出演は、『日経グッディ』というウェブサイトで、
梶本先生が取材を受けられた
「疲労専門の医師が教える疲労解消の実践的ノウハウ」との連動企画ということです。

コーナー冒頭で、コメンテーターの日経グッディ編集長の寺西芝(れいじ)氏が、
次のように、書名も含めて紹介されました。

疲労解消のノウハウを取材、特集にしたところ、
アクセス数が爆発的にあり…(略)…

著書の『すべての疲労は脳が原因』も8万部のヒットを
飛ばされているということで、
(疲労は)注目されているテーマですね

そして、このコーナーのテーマは、
「一泊二日温泉旅行は疲労回復には逆効果!? 体も心も癒す新常識」

梶本医師はまず、冒頭でこう話しかけられます。

「シルバーウイークを前にして、温泉旅行を
予定なさっている方も多いと思いますが、
実は、これらの条件のもとの旅行だと、
疲れがつのることがわかっています」

そして、その理由について、下記のフリップを掲げ、
わかりやすく説明を続けられます。

 

kajimoto_nikkeiplus02
↑番組画面より。「温泉そのものが逆効果なのではなく、
(理由は)間違った入浴法や睡眠の質にあります」と梶本医師。

 

パネラーの皆さんからは、

・どうしても1泊2日の旅行ではもったいないからと、
何回も温泉に入ろうとするのですが、それが間違いなんですか?

・温泉の入り方はどのくらいがいいですか?

・疲労を解消するためには、どうすればいいですか?

など、多くの質問が飛びかい、梶本先生が答えながら番組は進みます。

また、「疲労回復の特効薬は睡眠」という画面とともに、
睡眠の質を高める方法が紹介されました。

そのなかで、
「睡眠は時間よりも質が大事なのですが、その質を妨げるのが『いびき』です。
いびきが気になる人は、睡眠時無呼吸症候群ではないかどうか、
いま、手軽にできるので
ぜひ受けて欲しいんです。
『簡易型PSG検査』と言います」
と梶本医師は、いびきが危険であることを強調されていました。

 

kajimoto_nikkeiplus04
kajimoto_nikkeiplus03
↑上下ともに番組画面より。番組ディレクターさんが、実際に装置をつけて体験検査を
する様子が映されます。その結果、重い睡眠時無呼吸症候群であることがわかり、
梶本医師は「これは危険ですよ」と注意を促されていました。

 

「心と体をリフレッシュさせる週末の一泊二日の温泉旅行が、
実は疲労が蓄積するだけ。どうすれば心も体も癒せるか?」
という内容でしたが、疲労の原因や回復法の正しい情報を知って、
いち早く実践してほしいということです。

その具体的情報はこちらに詳しく述べられています!

すべての疲労は脳が原因

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

梶本修身医師が、BSジャパン『BSニュース 日経プラス10』に出演!

明日、9月16日金曜22:00~23:00生放送の
『BSニュース 日経プラス10』にゲスト出演されます。


↑同番組の公式サイトより

↑同番組の公式サイトより
梶本医師は、弊社代表の朝日奈が企画編集をした書籍、
『すべての疲労は脳が原因』(集英社新書)の著者です。

同著が好調ということもあり、テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」(5月3日放送)、
テレビ東京「主治医が見つかる診療所」(8月22日放送)、
TBSテレビ「この差って何ですか?」(7月24日放送)など多数のテレビ番組や、
『一個人』(KKベストセラーズ)、『サンデー毎日』(毎日新聞出版)などの雑誌、
『読売新聞』、『毎日新聞』など新聞の書評欄、
『マイナビニュース』、『日経グッディ』などのウエブニュースほかの出演依頼が相次いでおられます。

そのほとんどのテーマは、「夏バテ、疲労対策」でした。

今回は、
「一泊二日温泉旅行は疲労回復には逆効果!? 体も心も癒す新常識」
というテーマです。

ぜひご覧ください!

すべての疲労は脳が原因

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

『夕刊フジ』に書評が掲載されました!
『糖尿病は自分で治す!』(集英社新書)

少し前の情報で恐縮ですが、6月28日(火)の夕刊フジ14面に、
弊社代表・朝日奈ゆかの企画編集の新刊について、書評が掲載されました。

『糖尿病は自分で治す!』
(福田正博 集英社新書 6月17日発売) 

糖尿病は自分で治す│書評│夕刊フジ 2016年6月28日

↑ 夕刊フジ様、素敵なご紹介をありがとうございます!

 

福田先生_顔写真_レシピ129_幅250_ウエブ用小

↑著者の福田正博医師。糖尿病専門医。大阪府内科医会会長。ふくだ内科クリニック(JR・地下鉄新大阪駅近く)院長。

 

本書について、詳しくは弊社ウェブサイトの

トピックス26

『糖尿病は自分で治す!』

で、ご紹介をしております。ぜひ、ご覧ください。

糖尿病は自分で治す!

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

『すべての疲労は脳が原因』(集英社新書)の著者の梶本修身医師が、
7月2日(土)19:00 放送のTBS系列『ジョブチューン』に出演します。

テーマは、
「ベストセラーの医療本を書いた
日本の名医たちが大集結!
医者2時間スペシャル!」

↑同番組の公式サイトより

↑同番組の公式サイトより

なんだか、いまドンピシャなテーマでびっくりしています。

ぜひご覧ください!

 

↑『すべての疲労は脳が原因』(集英社新書 756円税込)。6刷7万部突破! 帯が新しくなりました!!

↑『すべての疲労は脳が原因』(集英社新書 756円税込)。6刷7万部突破! 帯が新しくなりました!!

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

糖尿病専門医に聞く。
「食べる順番を変えるだけダイエット」の真の意味とは?

この方法はすでに周知されていると思いますが、昨年秋には、
タンパク質を食べる順番という「新研究結果」が医療機関から発表されたこと、
また、本来この方法は、「糖尿病治療の食事療法の一つであること」はご存知でしょうか?

詳細は、糖尿病専門医で大阪府内科医会会長の
福田正博先生(新大阪のふくだ内科クリニック院長)に
取材させていただいた次の記事をご参考になさってください。

アクセス数が急上昇中です!

糖尿病専門医に聞く。
「食べる順番を変えるだけダイエット」の真の意味とは?

記事は、「マイナビウーマン」を基幹に、ライブドア、エキサイト、ニコニコほか
多くの大型ニュースサイトに同時配信されました。

ところで、福田先生の新刊『糖尿病は自分で治す!』(集英社新書 6月17日発売)は今、
全国津々浦々で売れ行き好調でございます!

同書では、糖尿病や糖尿病予備群、メタボの方向きに、
「食べる順番を変えて血糖値をコントロールする方法」の詳細を伝えています。

気になられる方、ぜひ、合わせてご参考ください!

糖尿病は自分で治す!

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら