『波の上のキネマ』発刊記念トークライブのレポート

93日の本ブログでご紹介しました、
波の上のキネマ』(小説 集英社 1,850円税抜)の著者の、
増山実さんによる「『波の上のキネマ』発刊記念トークライブ」が、
2018年9月14日(金)、大阪・谷町六丁目駅近くの
隆祥館(りゅうしょうかん)書店にて開催されました。

本イベントは202回目を迎えられたという「隆祥館 作家さんとの集い」の一環です。

当日は満員の大盛況で、二村さんとの対談形式で、
作品に込めた思いや制作秘話が増山さんから紹介されました。


↑会場の同書店7階の多目的ホール。満員でした。

放送作家でもある増山さんは、まず、『波の上のキネマ』の執筆のきっかけについて、

あるクイズ番組を担当していたときに、南の島にまつわる本や資料を
読みあさったんです。

そのときに見つけたジャングルの中の建物の写真を見て、
『これ何かな?』、『何でこんな所にあるのかな?』と思って調べていったんです

と話され、創作秘話とともに話がどんどん展開していきました。

↑増山実さん(右)と隆祥館書店オーナーの二村知子さん。
物語に登場する舞台の南の島について、増山さんが取材に訪れたときの写真や
当時の資料とともに語られました。

二村さんとの掛け合いや映像を見ながら話が進み、笑い声あふれるトークライブとなりました。

つらいときでも、つらいことばかりじゃない。世界には美しいものがある。
映画でも本でも、その糧になるのが文化の力では
」(増山さん)

トーク後に質問タイムが設けられ、増山さんが作中で伝えたかった
テーマや細部について、会場から多くのご質問がありました。

全部お伝えしたいのですが、 物語のネタバレになるので、
ご報告はこのあたりまでとさせてください。

ライブに参加し、「街の書店や映画館に出かけよう」という
気持ちになりました。


↑トークライブ後、サイン会が開催されました。
書店には愛がある 映画館には夢がある」と書いてくださいました!


↑隆祥館書店の店頭に、本イベントのポスターがディスプレイされていました。


↑お会計の前に平積みされていました。


↑増山さんのこれまでの著作です。右から

『勇者たちへの伝言』(ハルキ文庫、680円・税抜)
『空の走者たち』(ハルキ文庫、680円・税抜)
『風よ僕らに海の歌を』(角川春樹事務所、1600円・税抜)

ご来場いただいた皆様、ご声援をお送りいただいた皆様、ありがとうございました!


↑『波の上のキネマ』は、全国の書店、
ネット書店にて発売中です。

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

■9月14日『波の上のキネマ』発刊記念 著者・増山実氏トークライブ開催!

波の上のキネマ』(小説 集英社 1,850円税抜)の著者の、
増山実さんによる「『波の上のキネマ』発刊記念トークライブ」を
2018年9月14日(金)、大阪市中央区の
隆祥(りゅうしょう)館書店にて開催します!

同書は、前回ご紹介しました、2018年8月24日に
全国の書店、ネット書店で発売開始の
弊社代表・朝日奈ゆかが刊行に際して協力しました小説です。

詳細は下記チラシ、または、こちらを参考になさってください!

 

 

・主催・会場:隆祥館書店
大阪市中央区安堂寺町1‐3‐4 隆祥館書店8階 多目的ホール
地下鉄谷町線谷町6丁目駅7番出口向かい
・開場:18時30分 開演19時
・参加費:3500円
(参加費1,502円+書籍代1,998円。当日の場合は500円アップ)
・お申込みは隆祥館書店 TEL:06-6768-1023 まで。
要予約、事前購入制で、申し込み順となります。

『波の上のキネマ』 帯の推薦文は、博多大吉さん、
カバーの装画は、『羊と鋼の森』(宮下奈都)や
絵本『うきわねこ』(蜂飼耳)などの表紙や挿絵で知られる牧野千穂さんです。

著者の増山実氏

ぜひ、ご参加をお待ちしております!

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

■本日発売! 小説『波の上のキネマ』(増山実 集英社)

弊社代表の朝日奈ゆかが刊行に際して協力しました小説、
『波の上のキネマ』(増本実・著 集英社 1,850円税抜)
が2018年8月24日に全国の書店、ネット書店などで発売になりました!

著者の増山実氏は放送作家で、関西の人気番組『ビーバップ! ハイヒール』などの
人気番組を手がけています。1958年大阪府生まれ、同志社大学法学部卒業。

2012年に『いつの日か来た道』(角川春樹事務所)で第19回松本清張賞最終候補となり、
それを改題した『勇者たちへの伝言』(同)で2013年にデビューをし、
2016年に「第4回大阪ほんま本大賞」を受賞しました。
他の著書に『空の走者たち』(2014年 同)、『風よ僕らに海の歌を』(2017年 同)があります。

<内容のご紹介>

尼崎(あまがさき。兵庫県尼崎市)の小さな映画館を父親から引き継いだ安室俊介は、
収益を上げることは年々難しくなってきたことから、閉館することを考えていた。

ある日、創業者である祖父と知り合いだったという、男から連絡が来る。
その男から、祖父は若い頃、
脱出不可能と言われた島で強制的に働かされていたという驚くべき事実を告げられる。
祖父はなぜその島に行き、どのように脱出をしたのか、
なぜ映画館を始めたのか。
祖父の若かりし日々を追い、俊介はその島へと向かった。

歴史のうねりと個人の生が紡ぎだす、感動と興奮の長編小説です!

また、帯の推薦文は、博多大吉さん、カバーの装画は、『羊と鋼の森』(宮下奈都)の表紙や
絵本『うきわねこ』(蜂飼耳)の挿絵などで知られる牧野千穂さんです。

詳しくは、弊社ウェブサイトでご案内しています。ぜひご覧ください!

ユンブル・トピックス File.29
『波の上のキネマ』

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら