■2017年 ユンブル Facebookページ
アクセスランキング その1 5~10位

いつも弊社のFacebookページをご覧いただき、ありがとうございます。
昨年投稿した記事のうち、「リーチ」数(閲覧数)のランキングを集計しました。
本日は、10位~6位+次点(11位)をご紹介します。次点からスタートです!

 

<次点 11位> 5月13日
「もの忘れ」予防の栄養素と食材とは?
《管理栄養士監修》「もの忘れ」対策の栄養素と食材はこれ!

西山和子さんに取材させていただいた、『これカラダ!』(ロート製薬がスポンサーのサイト)に
配信した記事のお知らせです。下記はそのFacebookページの画像です。
クリックしていただくと、Facebookページに飛びます。

(略)

 

<10位> 8月28日
●いつも健康・医療情報での取材でお世話になっている、
臨床内科専門医で正木クリニック(大阪市生野区)の正木初美院長が、
明日朝、テレビ番組の『羽鳥慎一 モーニングショー』に生出演される予定です。

この放送は北朝鮮ミサイル発射の臨時ニュースによって、
正木医師出演コーナーは中止になりました。
残念でしたが、次の機会を楽しみにしています。

 

<9位> 2月27日
●人気の「建築物めぐり」シリーズ、
「近畿大学建築科の学生が案内する、天神駅周辺の名建築物めぐり4つ【Part2】」

同シリーズは「大阪編」、「福岡編」と続き、どの記事も、
配信先の『マイナビ 学生の窓口』というポータルサイトで
ランキング上位を占める人気記事となりました。

 

<8位> 10月30日
●薬剤師に聞く市販の鎮痛薬の選びかた【前・後編】

近藤直緒美さんに取材、『ウートピ』という
女性対象のポータルサイトに記事を配信したご案内です。
前後編とも、『スマートニュース』に取り上げられ、
ウートピの記事にもアクセスが高くありました。

 

<7位> 9月26日
●えっ、体の疲れの原因が脳にある!?
梶本修身医師に聞きました。

『ウートピ』に記事を配信したご案内です。
8位の記事同様に、アクセスを集めました!

 

<6位> 9月18日
好評発売中の新刊、弊社代表・朝日奈ゆかが企画編集した
『すべての疲労は脳が原因3 <仕事編>』(梶本修身 集英社新書)の
発売に合わせて、カバー画像をリニューアルしました!

 

ご閲覧を誠にありがとうございました。
後日、5位 → 1位をお伝えいたします!

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

2018 新年のご挨拶 

 
初春のお慶びを申し上げます

昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます
本年も社員一同、誠心誠意、技術の向上とサービスに
努めてまいりますので、変わらぬご愛顧を賜わりますよう
お願いいたします

皆様のご健勝とご繁栄を心よりお祈り申し上げ、
年始のご挨拶とさせていただきます
本年もよろしくお願い申し上げます

株式会社ユンブル 
代表取締役 朝日奈ゆか
社員一同

 
※画像は本年の弊社の年賀状でございます
 

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

【本日発売!】新刊です 弊社代表の企画編集
『すべての疲労は脳が原因3 <仕事編>』

本日9月15日、弊社社長の朝日奈ゆかが企画編集した次の本が、
全国の書店、ネット書店、電子書籍にて発売になりました!

 

『すべての疲労は脳が原因3 <仕事編>』

(著・梶本修身  集英社新書 ¥740・税別)

 

シリーズ累計18万部を突破!


本書は、疲労のメカニズムを科学的に解説した
すべての疲労は脳が原因』(集英社新書)、続編の
すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』(同)に続く、
シリーズ第三弾です!

第一弾の『すべての疲労は脳が原因』は10万部を、
すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』では
累計15万部を突破し、本書の
すべての疲労は脳が原因3 <仕事編>
の刊行で、
シリーズ累計18万部のベストセラーとなっています!

著者の梶本修身氏は、疲労研究の第一人者の医学博士、
大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授、
東京疲労・睡眠クリニック(東京都港区)院長です。

本書では、「疲労コントロール力」を身につけ、

・「ヒトは手を抜くのが当たり前」の発想を持つ 
・「60%の力で70%の結果を出す」と仕事のパフォーマンスは高まる 
・新幹線や飛行機での「移動疲れを避ける方法」
・部下に怒りたいときの2つの対処法

など、「ビジネスパフォーマンスの向上法」
疲労医学の観点から説いています。

 

詳しくは、弊社ウェブサイトでご案内しています。

ユンブル・トピックス File.28
『すべての疲労は脳が原因3 <仕事編>』

ぜひご一読ください!!

 

↓シリーズ第一弾の『すべての疲労は脳が原因』 (集英社新書 700円・税別)

 

↓第二弾の『すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』 (集英社新書 720円・税別)

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

大人気!
「近畿大学建築学科の学生が案内する名建築物めぐり」
シリーズの新記事を配信しました!

昨年11月1日に配信の「福岡の天神駅周辺案内」の続編が、
本日、ポータルサイト「マイナビ・学生の窓口」を基幹に、
ライブドアニュース、アメーバニュース、エキサイトニュースほかに
同時にアップされました。

近畿大学建築科の学生が案内する、
天神駅周辺の名建築物めぐり4つ【Part2】

 

↑「マイナビ・学生の窓口」の画面から。クリックで記事に飛びます!

 

近畿大学・福岡キャンパス産業理工学部建築科3年生の藤原丈武(みぶ)さんが
案内する人気シリーズで、大阪編で2つ、福岡編2つ目と続いていますが、
回を追うにつれてアクセス数がぐんぐんアップ、
近畿大学のトピックスサイトでも毎回取り上げられて評判になっています。

博多の天神駅から歩いて行ける名建築物を、
観光やデートで楽しめるように案内してくれています。

学生による、新鮮で、かつ、建築物へのこだわりが感じられる目線でのご紹介、
ぜひご一読ください!

 

■これまでの、藤原丈武さんによる記事はこちら

 

「福岡の旅のおともに! 近畿大学建築科の学生が案内する、天神駅周辺の名建築物めぐり4つ」

「GWのデート・観光に! 近畿大学建築科の学生が選ぶ、 大阪のお気に入り建築物スポット5つ」

「夏休みに行きたい! 近畿大学建築科の学生が選ぶ、大阪のお気に入り建築物スポット3つ」

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

重版出来!!
『すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』
シリーズ累計15万部を突破!

『すべての疲労は脳が原因』
(梶本修身 集英社新書。弊社代表・朝日奈の企画編集)

が大変ご好評をいただいておりまして、

現在、紙と電子書籍を合わせて11万部の重版を重ねております。

そして、その続編にあたる、

『すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』(同)

も、昨年末(2016年12月16日)に発売後、

すぐに増刷が続々と決定し、現在、4万部になっています。

『すべての疲労は脳が原因』と合わせて、早くも累計15万部を突破しました。

帯も刷新され、「13万部」から「15万部」に修正されました!

書店で流通している帯は書店の状況によってさまざまですが、

2017年1月31日現在の最新の帯は下記でございます。
↓  ↓  ↓  ↓

『すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』
(梶本修身 集英社新書 778円)

これも皆さまのおかげでございます。厚くお礼申し上げますとともに、

少しでも皆さまの疲労が軽減されることをお祈りしております。

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

新春来福 年始のご挨拶

明けましておめでとうございます

旧年中は格別なご高配を賜り
厚く御礼申し上げます
本年の皆さまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます
本年も、より一層のご支援を賜りますよう、社員一同
心よりお願い申し上げます

 


↑弊社の本年の年賀状でございます

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

新刊『すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』
日本経済新聞・朝日新聞の朝刊に広告掲載!

弊社代表の朝日奈ゆかが企画編集をした新刊
 

『すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』

(著・梶本修身  集英社新書 778円・税込)
 
この本の広告が、12月17日土曜の朝日新聞朝刊に、
また、12月20日火曜と12月27日火曜の2回、
日本経済新聞朝刊の記事下に、でーんと掲載されました!

 


↑赤囲み部分、12月17日土曜・朝日新聞朝刊の記事下広告より。

 

↑赤囲みの通り、12月20日は日経新聞の記事下の全4段に掲載されました。
掲載サイズの関係で縮小していますが、実物ではこれがもっとも大きかったです。
「すごく目立っていた」と多くの方にお声がけいただきました。

 


↑赤囲みの通り、12月27日も日経新聞の記事下に掲載されました!

 

12月17日の発売以降、大変反響が大きく、アマゾンでは
「脳・認知症」「集英社新書」「診断学一般」の3つのカテゴリーで、
1位にランクインしているほか、前著の
 

『すべての疲労は脳が原因』

(著・梶本修身 集英社新書 756円・税込)
 
この紙の本、および、電子書籍版と合わせて、全3冊が
アマゾンの「集英社新書」の中で、1位~3位にランクインしました。
 
朝日奈が、「これはうれしいです、元気が出ます。ありがとうございます!
と申しております。
 
「疲労を軽減、改善、予防、また解消するために自ら実践できる方法」
を網羅した一冊です。
 
年末年始に、ぜひご一読ください!!
 
↓アマゾン「集英社新書」カテゴリのランキング(2016.12.20)の画面です。

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

本日発売! 新刊です! 弊社代表の企画編集
『すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』

本日12月16日、弊社の社長の朝日奈ゆかが企画編集した次の本が、
全国の書店、ネット書店にて発売になりました!

『すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』

(著・梶本修身  集英社新書 ¥778・税込)

 

 

2016年4月15日の発売以降、続々と重版出来で
10万部を超えるベストセラーとなった
『すべての疲労は脳が原因』(集英社新書)の続編です!!

前著で明らかになった
疲れているのは自律神経と自律神経の中枢がある脳だ
という最新の研究結果から、本著では、
多数の疲労を軽減、予防、また改善するために自ら実践できる方法と、
その科学的根拠」をお伝えします。

詳しくは、弊社ウェブサイトでご案内しています。

ユンブル・トピックス File.27
『すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』

ぜひご一読ください!!

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

ついに10万部突破!
『すべての疲労は脳が原因』  お知らせつき

弊社・朝日奈ゆかが企画編集した書籍、

『すべての疲労は脳が原因』

(梶本修身・著 集英社新書 756円税込)

の売れ行きが大好調中で、重版決定のニュースが続くなか、新たに

「10万部突破」の重版出来となりました!

誠にありがとうございます!

 

すべての疲労は脳が原因_10万部突破帯350
↑「10万部突破」を記念して、帯が一新されました。
写真をクリックしていただくと、同書の案内ページに飛びます!

 

「抗疲労」への注目度は高く、著者の梶本修身医師は、
12月14日水曜 テレビ東京18:55~、「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~」
2017年1月4日水曜 フジテレビ(時間は決定次第お伝えします)
ホンマでっか!?TV」お正月スペシャル番組にも出演されます。

さらに!! 帯に記載の通り、2016年12月16日に、
同じく朝日奈が企画編集しました、続編にあたる

 

『すべての疲労は脳が原因2   <超実践編>』

(梶本修身 集英社新書 778円税込)

 

の発売が決定しました!!

本書では「疲労を軽減、予防、また解消するために
自ら実践できる方法」を具体的にお伝えします。

詳細は、後日ご紹介します!

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

夜中に足がつって痛い! 内科医に聞く、原因と対処法とは

弊社編集企画の記事が、
ロート製薬関連の「健康・家庭医学」に関する読みもの情報サイト

「これカラダ! 心と身体をイキイキさせるwebマガジン」

で配信されました!

さまざまな症状をテーマに、複数の専門家の視点から
対処法や予防法が紹介されています。

第1回の特集は「足・指のつり」です。

 

これカラダ|足のつり
↑画面右・赤囲みの4本の記事を、弊社が企画編集をしました。

 

その中から、次の記事をご紹介します。

筋肉がけいれんして起こる足のつり。
内科医に聞く、原因と対処法とは

 

01_1610_masaki_01

 

本ブログでもおなじみの、大阪府内科医会副理事で
泉岡(いずおか)医院(大阪市都島区)の
泉岡利於(としお)院長(写真)に、取材しました。

足は、立つ、歩くなどの動作だけでも筋肉をよく使う部位です。
足がつるのは、筋肉疲労や冷え、ミネラルの不足、水分不足などが原因となりえます

と泉岡院長。

足がつったときの正しい対処法や間違えやすい対処法、
頻繁に足がつるときの注意点などについても伺いました。

運動中、睡眠中、立ち仕事中……など、足のつりが気になる方は、
ぜひご一読ください!

なお、泉岡院長は関西の人気バラエティ番組『おはよう朝日です』(朝日放送)や
夕方のニュース番組などでよく医療情報について解説などをされてます。
弊社も、複数のメディアで取材、監修をしていただいています。

これまで弊社が泉岡院長に取材監修していただいた記事は下記に
アップしています。合わせてご参考になさってください。
↓ (文字列をクリック)

内科医・泉岡利於先生監修の記事一覧

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら