満員御礼! 梶本修身医師の「夏バテ対策講座 トークライブ」レポート

8月8日の本ブログでご紹介しました、

弊社の代表・朝日奈が企画編集をした書籍、
『すべての疲労は脳が原因』(集英社新書 756円税込)
の著者・梶本修身医師が、大阪市中央区の谷町6丁目の人気書店・
隆祥館(りゅうしょうかん)書店にて、8月21日日曜午後にトークライブを開催しました。

テーマは、『夏バテ・疲労対策講座』(主催:隆祥館書店、後援:集英社、企画協力:ユンブル)です!

 

160821_1

↑「楽しく、やりがいを持って仕事をしていると、疲れたとは感じにくいでしょう。でも実際は、疲れているんです。
『疲労感』はあてになりません」と梶本医師。

 

この日の大阪市は最高気温が38度近くになり、
テーマの「夏バテ」にピッタリ(!?)の猛暑日でしたが、
大勢の方にお越しいただき、超満員の中で行われました。

皆さん当たり前のように、仕事の終わりには『お疲れさま』と声をかけますよね。

英語で疲れることを”tired”と言いますが、これには『飽きる』という意味もあります。
つまり、『飽きるほど疲れた』ということなんです。

日本では、疲れるほど仕事をすることをたたえるけれど、
実は世界一の疲労大国なんです

と、梶本先生の話しが始まります。

P1090235

↑梶本修身医師(右)と隆祥館書店オーナーの二村知子さん(左)。同書店5階の会場は、大盛況でした。

 

梶本先生がリーダーを務められた大阪市、大阪市立大学を主とした7大学と
民間企業18社で組む産官学連携による「疲労定量化及び抗疲労食薬開発プロジェクト」で
明らかになった疲労の新常識、次のポイントに沿ってお話が展開します。

「疲労に関する常識、それって本当?」
「混同しやすい疲労と疲労感の違い」
「疲労に強い体づくり」
「精神作業疲労と眼精疲労」
「いびきと疲労」

 

P1090237
↑左の二村さんは、週刊誌『AERA(アエラ) 2016年4月25日号』(朝日新聞出版)
「現代の肖像」に掲載されるほど、書店や出版業界では有名な存在の方です。

 

二村さんとの掛け合いや、梶本先生が出演されたテレビ番組の映像なども見ながら、
ときには驚きの声や笑い声が挙がる、パワーあふれるトークライブとなりました。

最後に、
「集中力は鍛えてはいけない!」、
「ゆらぎのある環境を」、
「飽きたらやめる!」

などの7つの疲労克服トピックスで締めくくられました。

トークパートの終了後は、参加者の皆さまから、次々と質問の声が挙がりました。

「失敗したら落ち込むことがあるけれど、メンタルは疲労と関係しますか?」

「なかなか寝付けず、疲れが取れないように感じています。睡眠時間と疲労の回復は関係しますか?」

「ハモで夏バテは解消しますか?」  などなど
隆祥館書店 トークライブ 夏バテ対策

↑トークライブ終了後、梶本先生のサイン会が行われました。

 

イベント終了後、参加者の皆さまから

疲労の回復法と、疲労をためない方法の違いが分かった。
これまでの生活を無理やり変えるのではなく、
『無理せず、楽しく』という先生の言葉通り、
少しずつ意識をして取り入れたいと思う
」、

「とても勉強になった。身近な人にも教えてあげたい」

などの声が、多数届きました。

 

↑当日のレジの前には、チラシと一緒に、書籍をズラッと並べていただいていました。

↑当日、レジの前には、チラシと一緒に、書籍をズラッと並べていただいていました。

 

朝日奈は、こう申しております。

「ご来場の皆さまが熱心に聴き入っておられ、
”夏バテ対策の内容はもちろん、

『すべての疲労は脳が原因』の本とはまた違った、
梶本先生のユーモラスで分かりやすいお話のされようも
印象に残りました”、などと声をかけていただきました。

梶本先生は終始笑顔で、脳疲労対策についていますぐできること、
その理由について、話されていました。
皆さまの夏バテ対策にすぐに役立つ内容だったと思います。

活字での伝達とはまた違った講演での情報展開に、
私もとても興味深く聞き入った次第です。

梶本先生、ご来場の皆さま、隆祥館書店、集英社の関係者の皆さま、
心よりお礼申し上げます」

 


↑隆祥館書店は、「谷町6丁目」交差点を東へ250メートル、長堀通沿い北側にあります。

 

↑書店の入口では、この日のトークショーの案内を飾っていただきました。
↑書店の入口では、この日のトークライブの案内を飾っていただきました。

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

梶本修身医師が「夏バテ対策講座」開催!
2016年8月21日日曜 隆祥館書店にて

あ、あ、暑いです! 東京と大阪を往復している朝日奈は、
今年の夏は、いつもに増して、「東京は風呂場、大阪はサウナ」
と申しております。皆さま、夏バテは大丈夫でしょうか!?

ということで、夏バテを予防、改善するための情報が満載の健康講座をご案内します!

 

弊社の代表・朝日奈が企画編集を行い、現在、8万部を突破した
話題の書籍、『すべての疲労は脳が原因』(集英社新書 756円税込)
の著者・梶本修身医師が、大阪市中央区の谷町6丁目の人気書店・
隆祥館(りゅうしょうかん)書店にて、トークライブを開催します!

 

梶本修身医師による「夏バテ対策 健康講座」

↑隆祥館書店内の、同講座のパネル

 

梶本修身医師の最新刊『すべての疲労は脳が原因』(集英社新書)

↑梶本修身医師の最新刊『すべての疲労は脳が原因』(集英社新書)
7月23日に紹介しました「7万部突破」から、また新たに重版が決まり、
いま、「8万部突破!」のベストセラー書籍になっています!

■『すべての疲労は脳が原因』集英社発刊記念
梶本修身先生による健康講座

■内容

出演は梶本修身医師。
『すべての疲労は脳が原因』が8万部を突破してベストセラーとなり、
テレビ朝日系『林修の今でしょ!講座』
朝日放送『ビーバップ!ハイヒール』
TBS『ジョブチューン』
TBS『この差って何ですか!?』
文化放送「吉田照美 飛べ!サルバドール」など
多数のメディアから出演依頼殺到&出演!

いま話題沸騰の医学博士で、大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授、
東京疲労・睡眠クリニック(東京都港区)の院長です。

「夏バテ」をテーマに、

「ウナギ?ハモ?トリ?どれが効く?」、
「睡眠のゴールデンタイムとは!?」、

「疲労の原因はいびき!?」、
「栄養ドリンクは体にどう影響する!?」

など、生活にすぐに役に立つ疲労対策情報をはじめ、疲労と睡眠、
また、紫外線や乳酸、活性酸素と疲労の関係など、
最新科学で判明した「疲労解消の実践術」をわかりやすく解き明かされます。

ぜひご参加下さい!

■日時:8月11日 開場13:30 開演14:00

■会場:隆祥館書店多目的ホ-ル
大阪市中央区安堂寺町1-3-4 安堂寺Rタワー 5階
隆祥館書店の階上。地下鉄谷町線・長堀鶴見緑地線
「谷町6丁目駅7番出口」を地上に出て、真向かい。

■ご参加:電話またはEメールにてご予約をお願いします。

先着順で定員になり次第締切ます。

参加費(本代込):2,500円(参加費1,744円+本代756円)
講演のみ:2,000円

※書籍は税込み756円なので、セミナーとセットでお得です!

■お申込・お問い合わせ:隆祥館書店
TEL: 06-6768-1023
Eメ-ル:ryushokan@eos.ocn.ne.jp

振込先 三井住友銀行上町支店(普通)1353923
カ)リュウショウカンショテン

主催:隆祥館書店
後援:集英社
企画:ユンブル

 

↑

↑隆祥館書店

以前、当ブログでもご紹介しましたが、書籍
サラダ油をやめれば脳がボケずに血管も詰まらない!
(ワニブックス。弊社代表・朝日奈ゆかが企画構成を担当しました)
の著者・山嶋哲盛先生が、同書店で開催したトークショーは、満員御礼の大盛況でした!

そのときの様子はこちら↓
満員御礼!
「山嶋哲盛先生 × 大阪・隆祥館書店  トークショー」 レポート

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

満員御礼! 
「山嶋哲盛先生 × 大阪・隆祥館書店  トークショー」 レポート

3月12日の本ブログでもご紹介しましたたように、弊社代表・朝日奈ゆかが企画構成を担当した書籍、
サラダ油をやめれば脳がボケずに血管も詰まらない!
の著者・山嶋哲盛先生が、大阪・谷町六丁目の隆祥館書店(りゅうしょうかんしょてん)にて、
3月29日日曜午後にトークショーを開催しました。

 

↑山嶋哲盛医師(左)と隆祥館書店オーナーの二村知子さん。会場の同書店7階の多目的ホールは、満員御礼で大盛況でした。

 

本イベントは、「隆祥館  作家さんとの集い」と題された、95回目となるシリーズとか。
このイベントも、朝日奈が企画協力しました。

山嶋先生のお話しは、

「アルツハイマー病はG7の国々の中では日米に多く、特に人口比では日本が非常に多いんです」

と、スライドを示しながらスタート。会場からは驚きの声が挙がります。

 

↑

 

長年にわたる独自の研究から、

「アルツハイマー病など神経細胞の死の原因は、サラダ油が生み出す
『ヒドロキシノネナール』という毒素なんです」

と話す山嶋先生。ヒドロキシノネナールはサラダ油を加熱すると増加し、
記憶障害やうつ病、動脈硬化、アレルギーなどを引き起こすと提唱されます。

また、アルツハイマー病にかかった方の脳のMRI画像やPET検査画像から、
脳の海馬(かいば)という場所が萎縮している様子を示されます。

 

↑「昨晩食べた夕食のおかずを思い出せますか?」、「朝刊の記事の見出しを2つ以上思い出せますか?」など、「記憶力チェック」も実践、会場からはワイワイといろいろな声が挙がります。

 

前半終了後、同書内でも紹介されている山嶋先生お勧めのエクストラバージン・オリーブオイル
「オリーブジュース100%オイル キヨエ」(バロックス)や、
機能性飲料のノンアルコ-ルワイン「ファインレスベラワイン」(ファイン)
脳によい影響があるとされる成分DHA入りのヨーグルト
「海と牧場の恵み DHAヨーグルト」(ノーベル)の試飲試食タイムが設けられました。

試食の合間には、「どんどん何でも聞いてください!」という山嶋先生に、

「良い油を選ぶ目安は何ですか?」
「1日の摂取量を教えてください」
「自分でマヨネーズを作ったときは、どのくらい日持ちしますか?」

など、次々と質問が寄せられました。

 

↑途中、山嶋医師お勧めのエクストラバージン・オリーブオイルや、機能性飲料のノンアルコ-ルワイン(栄養成分レスベラワインがフランス産赤ワインの約30倍も含有)、脳によい影響があるとされる成分DHA入りのヨーグルトの試飲試食タイムが設けられました。

↑山嶋先生「オリーブの実は傷みやすく、摘んだり傷がついたところから酸化が始まります。日本ではオリーブオイルを販売するにあたって表示の規制がなく、本当のエクストラバージン・オリーブオイルは実は貴重です。収穫や製造にとても手間がかっています」。日本では、エクストラバージンと表示されていても、実は国際オリーブオイル協会の規定とは違うオイルが横行している、という説明です。

後半は、

「牛肉や豚肉などに含まれる固体の油と、植物や魚から摂れる液体の脂があります。
なぜオリーブ油が体に良いのか、それは構造にあります」
と、油の違いから山嶋先生のお話しは続きます。

また、 「食用油を選ぶコツ」、「料理ごとに食用油を使い分けるポイント」など、
「脱サラダ油生活」のための実践法が丁寧に解説されます。

さらに、脳へのダメージの原因は、『サラダ油』と『電磁波』であること、その危険性についても具体的に紹介され、

最後は、「1cc=5~10円が目安、1000円以上の食用油を買う」、「成分表を見る」、
「マヨネーズやドレッシングは賢脳油で手作りする」
など「脳を守る生活 7箇条」で締めくくられました。

参加者の皆さんの健康への意識の高さがうかがえる、活気あふれるイベントでした。

イベント終了後、会場の皆さまから、
「とっても勉強になった。参加して良かった」、
「もっと早く知りたかった。良い油は値段が高いからと敬遠しがちだったけれど、
『油にはお金をかけてください』と、先生がおっしゃる理由が分かった」など、
好評の声が多数届きました。

↑イベント終了後、山嶋先生のサイン会が行われました。

↑イベント終了後、山嶋先生のサイン会が行われました。

 

 

↑会場でも販売。山嶋先生待望の「脱サラダ油習慣」の実践書として注目を集めました。発売後すぐに重版がかかり、3万部を突破です!

↑会場でも販売され、60冊以上が完売しました。同書は山嶋先生待望の「脱サラダ油習慣」の実践書として注目を集め、発売後すぐに増刷を重ねています! 同時に、山嶋先生が監修、ユンブルの企画編集記事が掲載されている現在発売中の月刊『一個人』(2015年3月号)も大売れでした。

 

↑書店入り口では、この日のトークショーのチラシを正面に飾っていただきました。

朝日奈は、こう申しております。

「本を通じて、著者と読者が直接つながることができた今回のイベント、有意義な場でした。
たくさんのご意見ご感想も頂戴し、大盛況でございました。本当にありがとうございました」

ご来場の皆さま、隆祥館書店の皆さま、ご後援や関係者の皆さま、
心よりお礼申し上げます。

■ 山嶋先生の著書サラダ油をやめれば脳がボケずに血管も詰まらない!』のご案内はこちら!

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら