【本日発売!】新刊です 弊社代表の企画編集
『すべての疲労は脳が原因3 <仕事編>』

本日9月15日、弊社社長の朝日奈ゆかが企画編集した次の本が、
全国の書店、ネット書店、電子書籍にて発売になりました!

 

『すべての疲労は脳が原因3 <仕事編>』

(著・梶本修身  集英社新書 ¥740・税別)

 

シリーズ累計18万部を突破!


本書は、疲労のメカニズムを科学的に解説した
すべての疲労は脳が原因』(集英社新書)、続編の
すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』(同)に続く、
シリーズ第三弾です!

第一弾の『すべての疲労は脳が原因』は10万部を、
すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』では
累計15万部を突破し、本書の
すべての疲労は脳が原因3 <仕事編>
の刊行で、
シリーズ累計18万部のベストセラーとなっています!

著者の梶本修身氏は、疲労研究の第一人者の医学博士、
大阪市立大学大学院疲労医学講座特任教授、
東京疲労・睡眠クリニック(東京都港区)院長です。

本書では、「疲労コントロール力」を身につけ、

・「ヒトは手を抜くのが当たり前」の発想を持つ 
・「60%の力で70%の結果を出す」と仕事のパフォーマンスは高まる 
・新幹線や飛行機での「移動疲れを避ける方法」
・部下に怒りたいときの2つの対処法

など、「ビジネスパフォーマンスの向上法」
疲労医学の観点から説いています。

 

詳しくは、弊社ウェブサイトでご案内しています。

ユンブル・トピックス File.28
『すべての疲労は脳が原因3 <仕事編>』

ぜひご一読ください!!

 

↓シリーズ第一弾の『すべての疲労は脳が原因』 (集英社新書 700円・税別)

 

↓第二弾の『すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』 (集英社新書 720円・税別)

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

テレビ東京系列の番組『ソレダメ!』
疲労医学の梶本修身医師登場!
夏バテ対策を紹介

8月16日木曜18:55〜のテレビ東京系列で放送の番組、

『ソレダメ! あなたの常識は、非常識。』

に、疲労医学の梶本修身医師が登場し、

「脳の疲労回復に効く夏バテ対策の新常識ソレマル 5連発」

を紹介されました。

梶本医師は、弊社代表の朝日奈が企画編集しました書籍、

すべての疲労は脳が原因』、
すべての疲労は脳が原因2 ~超実践編

(ともに集英社。累計15万部です!)の著者です。

番組冒頭で、その2冊が画面いっぱいに紹介されました。うれしいです!

 

そして梶本医師は、「夏バテの原因は体の不調と思いがちですが、

すべて脳の疲れです。正しい夏バテ対策は、脳を疲れさせないことです」と説明します。

 

続いて、具体的に、夏バテ対策の方法が紹介されます。

・コンビニでも買える脳の疲労回復ができる食べ物は?
A.サラダチキン B.チョコレート

答えは、A!

鶏の胸肉に含まれる『イミダペプチド』が脳の疲労回復に作用することが分かっています

と梶本医師。

・朝目が覚めたら○○○○○する。

梶本医師
『夏は、ジョギングやウォーキング等の運動は、朝早く起きて涼しい朝にする』のはソレダメです。

早起きしたときはまだ自律神経が目覚めていないことが多く、心筋梗塞(こうそく)を

起こすなど危険が増します。血圧や心拍のコントロールに悪影響を及ぼします。

脳を目覚めさせるためのストレッチを、1~2分ほど下半身を中心にひねる、伸ばすぐらいでいい

答えは、「軽くストレッチ」でした!

 

さらに、次のような夏バテ対策情報が続きます。

「夏バテ解消にはウナギや焼き肉などスタミナ料理を食べるのはソレダメ」、

「脳疲労を抑えるためのアイテムは、帽子? サングラス?」

「紫外線対策効果があるサングラスは、濃い色? 薄い色?」

「暑い日は温かい飲み物を飲むのはソレダメ」

「暑い日にお風呂につかって汗をかくのはソレダメ」

「クーラーにタイマーをかけるのはソレダメ」

これらの答え、脳疲労を予防する、回復する方法は、

すべての疲労は脳が原因

すべての疲労は脳が原因2 ~超実践編に詳しく紹介しています。

全国の書店、ネット書店、電子書籍にて絶賛発売中です。
ぜひご一読ください!

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

「もの忘れ」予防の栄養素と食材とは?

先日、旅先で忘れものをして、昨日は出社時にメインのカバンごと
自宅に忘れてしまいました。
同僚に話すと、「それ、忘れものじゃなくて、『もの忘れ』では?」と言われた次第です。

「もの忘れ」の予防は一日も早く意識したほうがいいと聞き、
まずは食事面からだと考え、管理栄養士の西山和子さんに取材をさせていただきました。

 


西山さんは、弊社が複数の著書を企画編集しています
糖尿病専門医・福田正博先生の「医療法人弘正会 ふくだ内科クリニック」の
糖尿病療養指導士でもある方です。
専門医が考えた 糖尿病に効く「腹やせ」レシピ』(福田正博 洋泉社)の
監修も担当されました。

福田先生の信頼のもと、日々、患者さんに食事指導をされています。
「もの忘れを予防する食事は、生活習慣病の予防にも直結します」と西山さん。

その記事が、『これカラダ!』(ロート製薬がスポンサーの健康・家庭医学情報サイト)
に配信されました。

《管理栄養士監修》「もの忘れ」対策の栄養素と食材はこれ!

ぜひ参考になさってください。


↑『専門医が考えた 糖尿病に効く「腹やせ」レシピ』(福田正博 洋泉社)

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

糖尿病専門医が教える。 太りすぎ、やせすぎの医学的基準とは!?

ついにメタボかも、このごろまた太ってしまった、あなたやせ過ぎよ……、
日々刻々と体重と格闘している人は少なくないと言います。

ではいったいぜんたい、医学的には自分の体型はどうなのでしょうか?

弊社が複数の著書を企画編集しており、
糖尿病専門医で肥満の患者さんを数多く診断されている
福田正博先生(ふくだ内科クリニック院長)に聞いてみますと、このようなお返事が!

体重を毎日測っては、太りすぎだと思い込んでいる人、
少しでもやせたいと言う人はとても多いのですが、
まず、『自分は太っている』というイメージに根拠があるかどうかを検証してみてださい


ということで、その方法を福田先生に教えていただき、
『マイカラット』という健康・家庭医学の情報サイトに配信しました。

ぜひ、参考になさってください!

糖尿病専門医が教える。
太りすぎ、やせすぎの医学的基準

↑福田正博医師の最新刊『糖尿病は自分で治す!』(集英社新書、740円・税別)

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

臨床心理士が教える、 緊張する場面でリラックスする7つの方法

春が近づくと、公私ともに緊張する場面が増えてくるように思います。

あがり症なので、商談、スピーチ、試験、面談、試合、発表会……、
想像するだけで緊張感が全身に走ります。

こんなときに、少しでも緊張をほぐす方法はないものでしょうか。

そこで、臨床心理士の藤永聡美さんに、
緊張する理由やその対策法についてお話を伺いました。

その記事が、『ウートピ』(ウーマントピックス)を基幹に、
『マイナビウーマン』、『インフォシーク』ほかのポータルサイトに同時配信されました。

ぜひご参考になさってください!

スピーチ、面談、試験…臨床心理士が教える、
緊張する場面でリラックスする7つの方法

http://wotopi.jp/archives/50877

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

重版出来!!
『すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』
シリーズ累計15万部を突破!

『すべての疲労は脳が原因』
(梶本修身 集英社新書。弊社代表・朝日奈の企画編集)

が大変ご好評をいただいておりまして、

現在、紙と電子書籍を合わせて11万部の重版を重ねております。

そして、その続編にあたる、

『すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』(同)

も、昨年末(2016年12月16日)に発売後、

すぐに増刷が続々と決定し、現在、4万部になっています。

『すべての疲労は脳が原因』と合わせて、早くも累計15万部を突破しました。

帯も刷新され、「13万部」から「15万部」に修正されました!

書店で流通している帯は書店の状況によってさまざまですが、

2017年1月31日現在の最新の帯は下記でございます。
↓  ↓  ↓  ↓

『すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』
(梶本修身 集英社新書 778円)

これも皆さまのおかげでございます。厚くお礼申し上げますとともに、

少しでも皆さまの疲労が軽減されることをお祈りしております。

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

新刊『すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』
日本経済新聞・朝日新聞の朝刊に広告掲載!

弊社代表の朝日奈ゆかが企画編集をした新刊
 

『すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』

(著・梶本修身  集英社新書 778円・税込)
 
この本の広告が、12月17日土曜の朝日新聞朝刊に、
また、12月20日火曜と12月27日火曜の2回、
日本経済新聞朝刊の記事下に、でーんと掲載されました!

 


↑赤囲み部分、12月17日土曜・朝日新聞朝刊の記事下広告より。

 

↑赤囲みの通り、12月20日は日経新聞の記事下の全4段に掲載されました。
掲載サイズの関係で縮小していますが、実物ではこれがもっとも大きかったです。
「すごく目立っていた」と多くの方にお声がけいただきました。

 


↑赤囲みの通り、12月27日も日経新聞の記事下に掲載されました!

 

12月17日の発売以降、大変反響が大きく、アマゾンでは
「脳・認知症」「集英社新書」「診断学一般」の3つのカテゴリーで、
1位にランクインしているほか、前著の
 

『すべての疲労は脳が原因』

(著・梶本修身 集英社新書 756円・税込)
 
この紙の本、および、電子書籍版と合わせて、全3冊が
アマゾンの「集英社新書」の中で、1位~3位にランクインしました。
 
朝日奈が、「これはうれしいです、元気が出ます。ありがとうございます!
と申しております。
 
「疲労を軽減、改善、予防、また解消するために自ら実践できる方法」
を網羅した一冊です。
 
年末年始に、ぜひご一読ください!!
 
↓アマゾン「集英社新書」カテゴリのランキング(2016.12.20)の画面です。

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

本日発売! 新刊です! 弊社代表の企画編集
『すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』

本日12月16日、弊社の社長の朝日奈ゆかが企画編集した次の本が、
全国の書店、ネット書店にて発売になりました!

『すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』

(著・梶本修身  集英社新書 ¥778・税込)

 

 

2016年4月15日の発売以降、続々と重版出来で
10万部を超えるベストセラーとなった
『すべての疲労は脳が原因』(集英社新書)の続編です!!

前著で明らかになった
疲れているのは自律神経と自律神経の中枢がある脳だ
という最新の研究結果から、本著では、
多数の疲労を軽減、予防、また改善するために自ら実践できる方法と、
その科学的根拠」をお伝えします。

詳しくは、弊社ウェブサイトでご案内しています。

ユンブル・トピックス File.27
『すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>』

ぜひご一読ください!!

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

ついに10万部突破!
『すべての疲労は脳が原因』  お知らせつき

弊社・朝日奈ゆかが企画編集した書籍、

『すべての疲労は脳が原因』

(梶本修身・著 集英社新書 756円税込)

の売れ行きが大好調中で、重版決定のニュースが続くなか、新たに

「10万部突破」の重版出来となりました!

誠にありがとうございます!

 

すべての疲労は脳が原因_10万部突破帯350
↑「10万部突破」を記念して、帯が一新されました。
写真をクリックしていただくと、同書の案内ページに飛びます!

 

「抗疲労」への注目度は高く、著者の梶本修身医師は、
12月14日水曜 テレビ東京18:55~、「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~」
2017年1月4日水曜 フジテレビ(時間は決定次第お伝えします)
ホンマでっか!?TV」お正月スペシャル番組にも出演されます。

さらに!! 帯に記載の通り、2016年12月16日に、
同じく朝日奈が企画編集しました、続編にあたる

 

『すべての疲労は脳が原因2   <超実践編>』

(梶本修身 集英社新書 778円税込)

 

の発売が決定しました!!

本書では「疲労を軽減、予防、また解消するために
自ら実践できる方法」を具体的にお伝えします。

詳細は、後日ご紹介します!

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

夜中に足がつって痛い! 内科医に聞く、原因と対処法とは

弊社編集企画の記事が、
ロート製薬関連の「健康・家庭医学」に関する読みもの情報サイト

「これカラダ! 心と身体をイキイキさせるwebマガジン」

で配信されました!

さまざまな症状をテーマに、複数の専門家の視点から
対処法や予防法が紹介されています。

第1回の特集は「足・指のつり」です。

 

これカラダ|足のつり
↑画面右・赤囲みの4本の記事を、弊社が企画編集をしました。

 

その中から、次の記事をご紹介します。

筋肉がけいれんして起こる足のつり。
内科医に聞く、原因と対処法とは

 

01_1610_masaki_01

 

本ブログでもおなじみの、大阪府内科医会副理事で
泉岡(いずおか)医院(大阪市都島区)の
泉岡利於(としお)院長(写真)に、取材しました。

足は、立つ、歩くなどの動作だけでも筋肉をよく使う部位です。
足がつるのは、筋肉疲労や冷え、ミネラルの不足、水分不足などが原因となりえます

と泉岡院長。

足がつったときの正しい対処法や間違えやすい対処法、
頻繁に足がつるときの注意点などについても伺いました。

運動中、睡眠中、立ち仕事中……など、足のつりが気になる方は、
ぜひご一読ください!

なお、泉岡院長は関西の人気バラエティ番組『おはよう朝日です』(朝日放送)や
夕方のニュース番組などでよく医療情報について解説などをされてます。
弊社も、複数のメディアで取材、監修をしていただいています。

これまで弊社が泉岡院長に取材監修していただいた記事は下記に
アップしています。合わせてご参考になさってください。
↓ (文字列をクリック)

内科医・泉岡利於先生監修の記事一覧

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら