糖尿病専門医が教える。 太りすぎ、やせすぎの医学的基準とは!?

ついにメタボかも、このごろまた太ってしまった、あなたやせ過ぎよ……、
日々刻々と体重と格闘している人は少なくないと言います。

ではいったいぜんたい、医学的には自分の体型はどうなのでしょうか?

弊社が複数の著書を企画編集しており、
糖尿病専門医で肥満の患者さんを数多く診断されている
福田正博先生(ふくだ内科クリニック院長)に聞いてみますと、このようなお返事が!

体重を毎日測っては、太りすぎだと思い込んでいる人、
少しでもやせたいと言う人はとても多いのですが、
まず、『自分は太っている』というイメージに根拠があるかどうかを検証してみてださい


ということで、その方法を福田先生に教えていただき、
『マイカラット』という健康・家庭医学の情報サイトに配信しました。

ぜひ、参考になさってください!

糖尿病専門医が教える。
太りすぎ、やせすぎの医学的基準

↑福田正博医師の最新刊『糖尿病は自分で治す!』(集英社新書、740円・税別)

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

11月6日日曜・大阪府内科医会主催 「第18回 市民公開講座」のご案内

11月6日日曜14時から、「一般社団法人大阪府内科医会」主催の、
一般の方を対象にした健康イベントが開催されます。

毎年恒例、無料でどなたでも参加できる会で、
場所は「あべのハルカス」の25階ホールです。
定員300名のビッグイベントで、今年の大テーマは、
「糖尿病」の対策と予防について、です。
 

大阪府内科医会主催市民講座

↑今年のポスターです。
 

弊社は、同会会長で糖尿病専門医の福田正博先生(大阪市淀川区のふくだ内科クリニック院長)、
副会長の泉岡利於(いずおか・としお)先生(大阪市都島区の泉岡医院院長)、
理事の野崎京子先生(大阪府豊中市の野崎クリニック院長)、
正木初美先生(大阪市生野区の正木クリニック院長)らの
書籍の企画編集、雑誌、ウエブ媒体での記事制作などを行う関係で、
同会の活動に注目しています。
概要は以下の通りです。

——

■日 時 平成28年11月6日(日) 14時~16時30分

■会 場 あべのハルカス25階
(地下鉄御堂筋線・谷町線、JR「天王寺」駅、近鉄南大阪線「大阪阿部野橋」駅ほか下車すぐ)

■対 象 一般の方

■参加費 無料(事前申込が必要です)

■定員 300名(抽選のうえ、招待状を発送します)

■内容 福田正博会長(糖尿病専門医)による基調講演
「糖尿病にならないために、でもなってしまったら」

「医師、薬剤師によるパネルディスカッション」

また、健康体操や歌のコーナーがあります。

※14:30~15:30 「なんでも内科健康相談」
(当日受付14時~。大阪府内科医会所属の医師が、個別に相談を承ります)

■お申し込みは、大阪府内科医会事務局 06-6191-5335
(午前10時~午後5時、土日祝をのぞく)までお電話ください。

—–

今回は、弊社が企画編集を行った糖尿病は自分で治す!
(集英社新書、740円・税別)ほか多数

著者の福田正博先生が、糖尿病の予防法や治療法について基調講演をされます。
お出かけの秋にふさわしい、学びの機会ではないでしょうか。

糖尿病は自分で治す!

↑福田正博先生の一般向き著書・近刊です。今年の6月に発売されました。

 
■弊社が企画編集した、福田正博先生の次の著書は、
全国の書店、ネットショップにて好評発売中です!

糖尿病は自分で治す!』(集英社新書、740円・税別)

専門医が考えた 糖尿病に効く「腹やせ」レシピ』(洋泉社、1300円・税別)

専門医が教える 糖尿病食で健康ダイエット』(アスキー新書、743円・税別)

専門医が教える5つの法則「腹やせ」が糖尿病に効く!』(マガジンハウス、1300円・税別)

専門医が教える 糖尿病ウォーキング!』(扶桑社新書、720円・税別)

糖尿病は「腹やせ」で治せ!』(アスキー新書、743円・税別)

 

■これまでに実施された同会の取材ルポは、
弊社サイト内「ニュース・フロム・ユンブル」でご紹介しております。

File.27 「第15回 女性と医師が語り合う会」
テーマは「いつまでも美しくいきいきと」

File.26 「第14回 女性と医師が語り合う会」
テーマは「脳をすこやかに保つには」

File.25 「第13回 女性と医師が語り合う会」
テーマは「ストレスと病気のつながりとは?」

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

『夕刊フジ』に書評が掲載されました!
『糖尿病は自分で治す!』(集英社新書)

少し前の情報で恐縮ですが、6月28日(火)の夕刊フジ14面に、
弊社代表・朝日奈ゆかの企画編集の新刊について、書評が掲載されました。

『糖尿病は自分で治す!』
(福田正博 集英社新書 6月17日発売) 

糖尿病は自分で治す│書評│夕刊フジ 2016年6月28日

↑ 夕刊フジ様、素敵なご紹介をありがとうございます!

 

福田先生_顔写真_レシピ129_幅250_ウエブ用小

↑著者の福田正博医師。糖尿病専門医。大阪府内科医会会長。ふくだ内科クリニック(JR・地下鉄新大阪駅近く)院長。

 

本書について、詳しくは弊社ウェブサイトの

トピックス26

『糖尿病は自分で治す!』

で、ご紹介をしております。ぜひ、ご覧ください。

糖尿病は自分で治す!

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

糖尿病専門医に聞く。
「食べる順番を変えるだけダイエット」の真の意味とは?

この方法はすでに周知されていると思いますが、昨年秋には、
タンパク質を食べる順番という「新研究結果」が医療機関から発表されたこと、
また、本来この方法は、「糖尿病治療の食事療法の一つであること」はご存知でしょうか?

詳細は、糖尿病専門医で大阪府内科医会会長の
福田正博先生(新大阪のふくだ内科クリニック院長)に
取材させていただいた次の記事をご参考になさってください。

アクセス数が急上昇中です!

糖尿病専門医に聞く。
「食べる順番を変えるだけダイエット」の真の意味とは?

記事は、「マイナビウーマン」を基幹に、ライブドア、エキサイト、ニコニコほか
多くの大型ニュースサイトに同時配信されました。

ところで、福田先生の新刊『糖尿病は自分で治す!』(集英社新書 6月17日発売)は今、
全国津々浦々で売れ行き好調でございます!

同書では、糖尿病や糖尿病予備群、メタボの方向きに、
「食べる順番を変えて血糖値をコントロールする方法」の詳細を伝えています。

気になられる方、ぜひ、合わせてご参考ください!

糖尿病は自分で治す!

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

6月17日発売! 弊社代表、朝日奈ゆかの編集新刊!
『糖尿病は自分で治す!』(福田正博・集英社新書)

『糖尿病は自分で治す!』

(著・福田正博  集英社新書 ¥799税込)

弊社代表の朝日奈ゆかが企画編集した新刊が、
6月17日金曜に、全国の書店、ネット書店にて発売されます!

 

糖尿病は自分で治す!│福田正博│集英社新書│朝日奈ゆか・企画編集

 

糖尿病は自分で治す!│福田正博│集英社新書│朝日奈ゆか・企画編集

↑著者の福田正博医師。糖尿病専門医・
大阪府内科医会会長・
ふくだ内科クリニック(大阪市淀川区)院長

 

医学的根拠に基づいた「真の糖尿病の怖さとその治療法」、
誰もが意識の持ちようで、「自らいますぐに実践できる予防法や対策法」
について、わかりやすい言葉で、医学用語には解説を加え、
詳しく丁寧に紹介しています。

朝日奈は、編集を終えて、次のように申しております。

まさか! の糖尿病宣告を受けた方、またそのご家族が、糖尿病についてどう考えて、
どう対処すればいいのかについて、糖尿病治療の現場で30年超のご実績がある
糖尿病専門医の福田正博先生が具体的にその方法を示しています。

『糖尿病の治療の根幹は、合併症にならないことにある』と言う福田先生は、
糖尿病治療最前線の情報とともに、糖尿病の本質的な問題である『合併症』、また、
近年明らかになった『新合併症』と呼ばれる認知症、うつ病、がん、歯周病との関係、
さらに、『夢の新薬か!?』と話題の薬について、情報を提供したうえで、自分でできる
方法を具体的にレクチャーします。

福田先生の著書を企画編集するのはこれでもう6冊目になりますが、本書では、
急速に進化をとげる糖尿病の治療法を解き明かし、糖尿病という病気の真の怖さが
どこにあるのか、だからこそどうするべきなのかに迫っています。

糖尿病の方のみならず、メタボリックシンドローム、高血圧や脂質異常症など生活習慣病、
認知症、うつ病、がん、歯周病が気になる方、そのご家族、医療関係の方に
ぜひご一読いただきたい内容です」
詳しくは、弊社ウェブサイトでご案内しています。

ユンブル・トピックス File.26
『糖尿病は自分で治す!』

 

本書は、朝日奈がこれまで企画編集をした、福田正博医師の著書

糖尿病は「腹やせ」で治せ!(アスキー新書)、
専門医が教える 糖尿病ウォーキング!(扶桑社新書)、
専門医が教える5つの法則  「腹やせ」が糖尿病に効く!(マガジンハウス)、
専門医が考えた 糖尿病に効く「腹やせ」レシピ (洋泉社)、
専門医が教える 糖尿病食で健康ダイエット(アスキー新書)

これらに続く、6冊目となる書籍です。

ぜひご参考になさってください!

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

本日、11月14日は世界糖尿病デー

毎年11月14日は「世界糖尿病デー」ということをご存知ですか?

2006年に国際連合が、「糖尿病は、全世界的にその脅威を認知すべきである」という決議を採択したことによって設けられた「世界規模で糖尿病予防を啓蒙する日」です。 インスリンを発見したフレデリック・バンティング博士の誕生日にちなんでこの日に制定されました。

↓「世界糖尿病デー 2014年」の公式ポスター。画像をクリックで、公式サイトに飛びます。

世界糖尿病デー2014年│公式ポスター

 

日本全国の、世界各地のご当地シンボルが、糖尿病のシンボルカラーの「ブルー」にライトアップされます。

札幌の時計塔、東京は都庁、横浜はマリンタワー、大阪は通天閣に大阪城、毎年、かなり幻想的でキレイです。

詳細は下記、弊社ウエブサイトに記事をアップしています(2010年の配信ですが、現在も概要は同じです)。

↓画像をクリックで、ウエブサイトに飛びます

世界糖尿病デーの紹介サイト│ユンブル

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

糖尿病専門医・福田正博医師が 、
『主治医が見つかる診療所』に出演!

糖尿病専門医の福田正博医師がテレビ東京放送の番組
主治医が見つかる診療所』に出演されました。

主治医が見つかる診療所

福田医師は、『専門医が教える 糖尿病ウォーキング』(扶桑社)、『専門医が教える5つの法則 腹やせが糖尿病に効く』(マガジンハウス)、『専門医が教える 糖尿病食で健康ダイエット』(アスキー新書)、『糖尿病は「腹やせ」で治せ!』(アスキー新書)、『専門医が考えた 糖尿病に効く腹やせレシピ』(洋泉社)ほか、弊社が企画編集した複数の書籍の著者。新大阪駅近く(大阪市淀川区)にあるふくだ内科クリニックの院長であり、大阪府内科医会の会長という重責も担っておられます。

番組のテーマは、「血管若返りスペシャル」 (8月18日月曜放送分)。

福田先生は、血管若返りのスペシャリストとして、日常生活の中でだれもがすぐにできる運動「いつでもウォーキング」を紹介されています。いつもながら、わかりやすい説明です。

福田正博医師│主治医が見つかる診療所

患者さんにウォーキングを指導しているけれど、できる人は1~2割ですね」と福田先生。めんどうだという理由で続かない人が多いとか。そこで福田先生が考え出したのが「いつでもウォーキング」です。

例えば、「足ふみをするだけでも座っているときの3倍の効果が得られます」、「椅子に座ったまま足踏みをするだけで、インナーマッスルを使うので立って行うときと同じぐらいの運動効果がある」ということです。

福田医師│主治医が見つかる診療所

ここ(←クリック)でその動画(6分)をご覧いただけます。ぜひご参考ください。

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

弊社代表・朝日奈が「レインボータウンFM」にゲスト出演、
健康情報についてトークしました

東京の江東区と中央区をカバーする「レインボータウンFM」(大江戸放送局)の番組『大江戸スーパーワイド』に、12月12日木曜18:30~19:00、朝日奈が生放送でゲスト出演しました。スタジオの様子は当日、ライブでインターネット配信されました。

10月25日の出演に続く第二弾、朝日奈は、「健康・家庭医学の分野の書籍の編集者」として紹介されました。

 

rainbowfm131212_22

東京都のFMラジオ・レインボータウン。深川ギャザリア(江東区木場)のサテライトスタジオからオンエア

 

同番組のテーマは、「年末年始の宴会シーズン・食べ過ぎ予防。肥満の基準とは!? 話題の黒のサプリとは!?」

自分の肥満度数を知るBMIの計算方法、目標体重の設定の仕方、黒色のサプリメントについて、もう一人のゲスト(健康食品メーカーの株式会社ファイン・野口保彦氏)とトークを展開しました。

まずは朝日奈が、企画編集した『専門医が教える 糖尿病食で健康ダイエット』(福田正博著 アスキー新書)、『専門医が考えた 糖尿病に効く腹やせレシピ』(福田正博著 洋泉社)の本の趣旨を紹介しながら、BMI(ボディ・マス・インデックス。肥満の程度を示す指数のこと)について説明。

BMIの公式は、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)です。

例えば、体重60キログラムで、身長が160センチの人なら、60÷1.6÷1.6=23.4 。

日本肥満学会では、『BMI 25以上は肥満』、『18.5未満をやせ』と定義していて、生活習慣病予防のために、この間の体重キープを勧めています。また、BMIは22であることが標準とされています

自分のBMIを知っておき、標準のBMIに近づけるよう目標体重を設定し、自分の体と向き合うことの大切さを話しました。

 

スタジオで、『専門医が教える 糖尿病食で健康ダイエット』(福田正博著 アスキー新書)を掲げて説明

スタジオで、『専門医が教える 糖尿病食で健康ダイエット』(福田正博著 アスキー新書)を掲げて説明

続いて、ファインの野口氏が、標準体重を目指すための一つの方法として役立てたいサプリメントをご紹介。

なんでも、「黒」の食材に注目してほしいとか。

 

rainbowfm_kuro4

株式会社ファインの広報担当・野口保彦氏。手に持たれているのは、「発酵黒ウーロン茶」。粉末のインスタントティーで、出張や旅に持参するにも便利そう

 

黒色の食材は、黒ゴマ、ひじき、ココアなどにも代表されるように、普段の食生活から注目されています。黒のサプリメントは、『黒のパワー』として、ダイエットサポートや脂っこい食事のおともとしてもお勧めしています」と野口氏は、次の4つの製品を「うちの人気ものです」と紹介されました。

・脂っこい食事にお勧め 「黒のカロリー気にならないサプリ」 (200mg×150粒)

・忙しい方にお勧め 「発酵黒にんにく黒酢」 (600mg×120粒)、

・おやつ感覚で飲みやすい 「スーパーベリーズ黒酢ダイエット」 (15g×5包)、

・糖質や脂質が多い食事のときにお勧め 「発酵黒ウーロン茶エキス顆粒」 (1.5g×33包)

このうち『黒のカロリー気にならないサプリ』は、脂っこい食事の前に飲むとよいそうで、この放送の数か月前に同サプリの情報を得た朝日奈は自腹でどかんと買って社員に配っていました。

rainbowfm131212_77

朝日奈が企画編集した書籍『専門医が考えた 糖尿病に効く腹やせレシピ』(福田正博著 洋泉社)の、BMIの説明ページを開く野口氏

朝日奈は「同スタジオはガラス張りで、すぐ外から、視聴者の方が『そのサプリ、知ってる』と書いた紙を掲げてくださった。楽しいひとときでした」と話しています。ご視聴いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

アマゾンの電子書籍イベント 「Kindle(キンドル)本 冬のセール」に登場!
『専門医が教える 糖尿病ウォーキング!』、 『糖尿病は「腹やせ」で治せ!』

ユンブルが企画編集をした、糖尿病専門医で大阪府内科医会長、ふくだ内科クリニックの福田正博院長の著書が、電子書籍版でも好評発売中です!

そんな中、次の2冊が、アマゾンのキンドル版(電子書籍版)の「Kindle本 冬のセール」の対象に選出されました。2014年1月5日までのイベントです!

『専門医が教える 糖尿病ウォーキング!』(福田正博著 扶桑社新書)

『糖尿病は「腹やせ」で治せ!』(福田正博著 アスキー新書)

tonyowalking_fukuda

糖尿病は「腹やせ」で治せ

 

kindle_fukuda

↑kindle(キンドル)の「医学・薬学」 分野の有料版ベストセラーランキングに、それぞれ37位、40位にランクインしております!(2013.12.3現在)

 

同書の詳細は、弊社サイト内でご紹介しております。

ユンブル・トピックス13
『専門医が教える 糖尿病ウォーキング!』

ユンブル・トピックス11
『糖尿病は「腹やせ」で治せ!』

■福田先生監修のその他の記事一覧はこちら

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

本日、11月14日は「世界糖尿病デー」

本日、11月14日は何の日かご存知ですか?

はい、世界糖尿病デーです。

tonyobyo_naiagara

↑ブルーにライトアップされたナイアガラの滝。 写真は2007年 international diabetes federationより

啓蒙イベントとして、この日は、世界各地の有名な建物が、シンボルカラーのブルー(国連や空を表すそうで、糖尿病啓蒙カラーに指定されています)にライトアップされます。

世界糖尿病デーとは、糖尿病の脅威が世界的に拡大しているのを受けて2006年に国連で公式に制定された、

「世界各地で糖尿病の予防、治療、療養を喚起する啓発運動を推進する日」

なのです。

日本では、東京都庁、大阪城、札幌時計台、 京都タワー、明石海峡大橋やそのほか、観光地などがブルーに照らされます。

本日、11月14日は「世界糖尿病デー」

↑奈良県の金峯山寺(きんぷせんじ) 金剛蔵王大権現。本年は、11月14日(木)~17日(日) 日没~22:00までライトアップされるそうです。 写真は2012年 international diabetes federationより

大阪では、糖尿病専門医で大阪府内科医会会長の福田正博先生(大阪市淀川区のふくだ内科クリニック院長)らが先導し、啓蒙イベントや講演などの活動をされています。

大阪府民公開講座 「糖尿病は、今!!」

◇開催日時:2013年11月14日(木)
午後3時30分~5時00分

◇場所:大阪府医師会館2階ホール
大阪市天王寺区上本町2-1-22

◇参加方法:無料、申込不要

司会:大阪鉄道病院 副院長 北川良裕氏
大阪警察病院 副院長 小杉圭右氏

①世界の糖尿病は、今!!
関西電力病院院長 清野 裕氏
(大阪糖尿病対策推進会議代表)

②女性の糖尿病は、今!!
大阪府立母子保健総合医療センター
母性内科部長 和栗雅子氏

③高齢者の糖尿病は、今!!
ふくだ内科クリニック 福田正博氏
(大阪府内科医会会長)

④小児糖尿病対策の現状
大阪市立大学大学院
発達小児医学教室 広瀬正和氏

日本各地のライトアップの詳細や開催されるイベントについては、
「世界糖尿病デー」公式サイト内
2013 World Diabetes Day(世界糖尿病デー) 全国各地(国内)の関連イベント
をご覧ください!

また、下記、ユンブルのウェブサイトにも情報(2010年版ですが、概要は同じです)や、福田先生からのメッセージを掲載しています。

ユンブル・トピックス21
11月14日は「世界糖尿病デー」。
世界各地の名所がブルーにライトアップ

福田正博先生の著書 すべてユンブルの企画編集です

専門医が考えた糖尿病に効く「腹やせ」レシピ

↑『専門医が考えた 糖尿病に効く「腹やせ」レシピ』 洋泉社

糖尿病食で健康ダイエット

↑『専門医が教える 糖尿病食で健康ダイエット』 アスキー新書

『専門医が教える5つの法則 「腹やせ」が糖尿病に効く!』 (マガジンハウス 1365円)

『専門医が教える 糖尿病ウォーキング!』 (扶桑社新書 756円)

『糖尿病は「腹やせ」で治せ!』 (アスキー新書 780円)

■福田先生監修の、メタボ改善、健康ダイエットなど記事一覧はこちら

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら