大阪・あべのハルカスにて開催!
「大阪府内科医会主催 第17回 市民公開講座」
医師と一般参加の方が直接話すイベントのご案内

来月3月6日日曜午後、「一般社団法人 大阪府内科医会」主催で、
一般の方を対象にした健康イベント、
無料で誰もが参加できる大規模な市民講座の
「第17回 市民公開講座」が開催されます。

 

 

弊社は同会会長で糖尿病専門医の福田正博先生(大阪市淀川区のふくだ内科クリニック院長)、
副会長の泉岡利於(いずおか・としお)先生(大阪市都島区の泉岡医院院長)、
理事の野崎京子先生(大阪府豊中市の野崎クリニック院長)、正木初美先生(大阪市生野区の正木クリニック院長)らの
書籍の企画編集、雑誌、ウエブ媒体での記事制作などを行う関係で、
同会の活動に注目しています。

 

概要は以下の通りです。

 

■テーマ 「あなたの知らない 腎臓のヒミツ! ~忍び寄るCKD(慢性腎臓病)」

■日 時 
平成28年3月6日日曜 13時30分~16時(受付は13時~)

■場 所 
あべのハルカス会議室25階

■参加費 
無料

■内容

・13:30~13:40 福田正博会長 あいさつ

・13:40~14:25 講演「STOP CKD ―腎臓守って健康長寿―」
大阪大学保健センター教授 守山敏樹医師

・座って健康体操

・14:45~15:45 パネルディスカッション「市民と医療を考える」

・みんなで歌おう

※12:00~13:00 「なんでも内科健康相談」
(事前予約制。大阪府内科医会所属の開業医が、個別に相談を承ります)

■案内状(上の写真)に掲載のご応募締め切り日は過ぎていますが、
座席拡張につき、まだお申し込みいただけるとのことです。

■申込は「大阪府内科医会事務局」まで。
電話 06-6191-5335
FAX 06-6191-5337(一番下の写真をご使用ください)
メール ckd20160306@gmail.com

――――――

福田正博先生から。
「もう17回目を迎えるこのイベントは、毎年、
一般の方に多数お越しいただいて好評を博しています。

今年は場所を『あべのハルカス』に変えて、席数も拡大しました。
日常の健康管理を考えるご機会に、ぜひお気軽にご参加ください」

ここ数年、弊社スタッフは毎年取材で参加しておりますが、
ドクターたちにご参加の皆さんがどんどん健康上の悩みや疑問について質問をなさること、
またドクターたちがサービス精神満載で対応なさるご様子に、
大阪らしい(!?)イベントだなあ」と、
いつも感心しつつ、興味深く拝聴しています。

楽しい健康情報収集にお出かけになりませんか。

■これまでに実施された同会の取材ルポは、
弊社サイト内「ニュース・フロム・ユンブル」でご紹介しております。

File.27 「第15回 女性と医師が語り合う会」
テーマは「いつまでも美しくいきいきと」

File.26 「第14回 女性と医師が語り合う会」
テーマは「脳をすこやかに保つには」

File.25 「第13回 女性と医師が語り合う会」
テーマは「ストレスと病気のつながりとは?」

 

160306_大阪府内科医会2

↑FAX送信フォームはこちら

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

『週刊文春』2月11日号の
「健康にいいウォーキング」という記事に
福田正博医師がコメントしています

本日4日発売の『週刊文春』・2月11日号の次の特集記事に、

糖尿病専門医の福田正博医師のコメントが掲載されています。

—–
50歳からでも寿命が2年延びる!
本当に健康にいい「ウォーキング」教えます

●目安は1日1万歩 歩きすぎは老化促進
歩幅は身長マイナス100センチ
●30分未満は糖尿病リスク増加 ほか
—–

福田医師は、弊社が企画編集をした次の複数の書籍ほかの著者です。

専門医が教える 糖尿病ウォーキング』(扶桑社)、
専門医が教える5つの法則 腹やせが糖尿病に効く』(マガジンハウス)、
専門医が教える 糖尿病食で健康ダイエット』(アスキー新書)、
糖尿病は「腹やせ」で治せ!』(アスキー新書)、
専門医が考えた 糖尿病に効く腹やせレシピ』(洋泉社)

(これらはすべて全国の書店、通販書店で発売中です。
上から4冊までは、電子書籍でも発売中です!)

このうち、『専門医が教える 糖尿病ウォーキング』を読まれたという記者さんから
取材のご依頼があったと、福田医師。ぜひご参考になさってください!

 

_20160204_160122

↑クリックすると拡大します。

_20160204_134823

 

福田正博医師の著書・『専門医が教える。糖尿病ウオーキング』(扶桑社新書)

福田正博医師の著書・『専門医が教える。糖尿病ウオーキング』(扶桑社新書)。電子書籍でも発売中! クリックで、詳細ページをご覧いただけます。

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

空気の乾燥がつらい! 耳鼻咽喉科専門医が教える、
冬ののどの痛み&イガイガ対策のポイント

北風が強く、空気が乾燥した日が続きます。
皆さま、お風邪など大丈夫でしょうか。

この時期につらい、のどの乾燥・痛みのケアについて、
耳鼻咽喉科専門医でとおやま耳鼻咽喉科クリニック(大阪市都島区)の
遠山祐司院長にそのポイントをお伺いした記事を配信しました。

「空気の乾燥がつらい!
耳鼻咽喉科専門医が教える、
冬ののどの痛み&イガイガ対策のポイント」

のどの痛みは、気道にある「せん毛」という組織が
乾燥や低温に影響されて起こるそうです。

ぜひご参考になさってください!

本記事は、『マイナビ 学生の窓口』を基幹に、
ライブドア、アメーバ、エキサイト、ミクシィ、ニコニコニュースほか
大型ポータルサイトに配信されました。

マイナビ学生の窓口では、配信直後から、「健康」分野でアクセス1位になっています!

160203_toyama_rank1

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

医師はマスクを部屋のゴミ箱に捨てない。
内科医に聞く、風邪予防法の間違いとは

医師はマスクを部屋のゴミ箱に捨てない。
内科医に聞く、風邪予防法の間違いとは

という記事を「マイナビ 学生の窓口」などのポータルサイトに配信したのは、
昨春、2015年3月23日ですが、直後に同サイトの「健康」分野にて
人気ランキング1位に上がりました。

その後、夏になってもずっとアクセスが高く、秋はさらに上がり、
冬になってからは3カ月近くも「人気ランキング5位」以内に入っています。

本日はまた朝から1位になっていましたので、ここに再度ご紹介します。

 

↑「健康の話題ランキング」1位です! クリックで、記事にリンクします。

 

取材・監修は、内科医で大阪・京橋にある泉岡医院の泉岡利於(いずおか・としお)院長です。

「花粉症の薬のように、風邪をひく前に風邪薬を飲んで効果はあるのか?」、
「手洗いは念入りなほうがいいのか?」、
「マスクを部屋のゴミ箱に捨てていいのか?」、
「厚着は?」

これらの風邪予防についての謎を解くべく、泉岡先生にお話を伺いました。

さらっと読んでいただけると思います。
この季節、ぜひご参考になさってください。

本記事は、ライブドアニュース、アメーバ、エキサイト、ミクシィ、ニコニコ、ヤフー系など
複数の大型ニュースサイトにも同時に配信されています。

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

アクセスランキング1位・2位独占中です!

次の記事が、1月7日の配信と同時に『マイナビ 学生の窓口』の
健康カテゴリにて、アクセスランキング1位に躍り出ました。

「トランス脂肪酸に注意! 管理栄養士に聞いた、
マーガリンが体に良くないってほんと?」

欧米の多くでは、マーガリンに多く含まれる成分の「トランス脂肪酸」が
体に悪影響を及ぼすとして、規制の対象になっています。

一方、日本では現在のところ、
トランス脂肪酸の摂取量の基準や規制は定められておらず、
マーガリンも多種が販売されています。

本当のところ、健康への影響はどうなのでしょうか。

管理栄養士で、糖尿病専門クリニックにて日々患者さんの食事指導にあたる
西山和子さんにお話を聞いています。

記事は、『マイナビ学生の窓口』を基幹に、
ライブドアニュース、アメーバ、エキサイト、ミクシィ、ニコニコ、ヤフー系など、
複数の大型ニュースサイトに配信されました。

同時に、2位になっていたのが、1位の記事同様、
西山和子さんに取材させていただいた次の記事です。

『管理栄養士が教える! びっくり高カロリーな菓子パンの現実』

こちらは後日、ご案内します。

まずは、「マーガリンが体に良くないってほんと?」、ぜひご参考になさってください!

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

2016年 謹賀新年

明けましておめでとうございます。
お健やかに新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

今年も皆さまに一層のご指導を賜りながら、
より良い作品づくりにまい進してまいります。

皆さまにとりまして、本年が佳き日々となりますよう
心よりお祈りいたしまして、
年頭のご挨拶とさせていただきます。

写真は、弊社の年賀状でございます。

年賀状_2016_幅400

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

口腔外科医・歯科医の江上一郎先生に
取材した記事が
ランキングで1~4位を独占!

10月16日の当ブログで、江上歯科(大阪市北区)の江上一郎院長に取材させていただいた
弊社企画制作の次の記事が、配信元の『マイナビ 学生の窓口』の
健康カテゴリでランキング2位に入っているとお伝えしました。

↓ コレです

 

「歯科医が教える。
誰もがすぐに自分でできる口内炎ケアはコレ!」

その直後から、過去に配信した江上院長ご監修のほかの記事にも
アクセスがどどっと集中し、一時期、ランキング5位中の
1位~4位までを独占しておりました!

↓  ↓

江上歯科の江上一郎院長に取材した記事が、『マイナビ・学生の窓口』というポータルサイトの「健康」カテゴリにて、アクセスランキング1位~4位独占!

江上歯科の江上一郎院長に取材した記事が、『マイナビ・学生の窓口』というポータルサイトの「健康」カテゴリにて、アクセスランキング1位~4位独占!

 

5番内のうち4番までを一人の医師の記事が占めるのは、
さすがに珍しい現象です。

リンクや検索で、ほかの記事にもアクセスしてくださった方が
多かったからだろうと分析していますが、
お読みいただいた皆さん、ありがとうございます。

そして、1位に3日ほど君臨していたのは、この記事でした!
今年の3月23日に配信した記事ですが、復活ランキング入りです。
 

「歯科医に聞く。むし歯予防の常識ウソホント4つ」

こちらの記事は、記者が次の質問を江上医師にお尋ねし、
むし歯予防のウワサについて検証するという内容です。

Q1.洗口液はむし歯予防になる?

Q2.ノンシュガーのお菓子はむし歯にならない?

Q3.フッ素を使うと本当にむし歯予防になる? 

Q4.キシリトール入り菓子は?

改めて、ぜひご参考ください!

下記の画像をクリックで記事に飛びます。
※これらの記事は、『マイナビ 学生の窓口』を基幹に、ヤフージャパン、
ライブドア、ビッグローブ、エキサイト、アメーバ、ミクシィ、ニコニコほか
大型ニュースサイトに配信されました。

    ↓   ↓   ↓

「歯科医に聞く。むし歯予防の常識ウソホント4つ」 画像をクリックで記事に飛びます!

 

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

歯科医が教える。
誰もがすぐに自分でできる口内炎ケアはコレ! 
アクセスランキング2位です!

歯科医が教える。 誰もがすぐに自分でできる口内炎ケアはコレ! 

という記事をポータルサイトの『マイナビ 学生の窓口』(運営・株式会社マイナビ)に配信しました。配信直後からアクセス急上昇、現在、ランキング2位です!

歯科医が教える。誰もがすぐに自分でできる口内炎ケアはコレ!

↑『マイナビ 学生の窓口』のサイトに掲載画面です

 

私・品川はよく口内炎ができるのですが、風邪で疲れていたら頬の内側に1つ、

さらにトーストを食べた拍子に下唇をがりっとかんで、いま2つの口内炎ができています。

市販の軟膏とビタミン剤を常備していますが、たいした効果を感じたことはありません。

そうぼやいていると、社長の朝日奈から、「私のかかりつけ歯科医、江上歯科(大阪市北区)
江上院長は口内炎ケアのプロ!
」と聞き、さっそく江上院長に詳しいお話を聞いてみました。

口内炎は、口の中のケガ、傷です。できたらすぐに、大きなくぼみができないうちに対処してください。

誰でもできる方法があります」と江上院長。

お話を聞くと、そうか、そんな方法だったのか、確かに早期のうちに意識して実践すると、治りが早いです。

誰もがすぐにいつでもどこでもお金いらず、自分でしかできない方法を教えていただきました。

ぜひご参考になさってください!

※本記事は、『マイナビ 学生の窓口』を基幹に、ヤフージャパン、ライブドア、ビッグローブ、
エキサイト、アメーバ、ミクシィ、ニコニコほか大型ニュースサイトに配信しました。

 

ポータルサイト『マイナビ・学生の窓口』の掲載画面です

ポータルサイト『マイナビ・学生の窓口』の掲載画面です

 

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

人気記事! 眼科専門医が教える。
色の濃いサングラス、カラコン、インライン……、
目の健康にはバツ!

弊社スタッフが、眼科専門医でみさき眼科クリニック(東京都渋谷区)院長の
石岡みさき医師に取材した記事が、『マイナビ 学生の窓口』を基幹に、
ヤフージャパン、ライブドア、ビッグローブ、エキサイト、アメーバ、ミクシィほか
大型ニュースサイトに配信されました。

目の周囲のオシャレのためにする人が多いという次の3つの方法、
これらがいかに目の健康に悪影響を及ぼすかについて、
石岡医師に教えていただきました。

「色が濃いサングラスをかける」
「アイラインを目の際の粘膜に描くメーク」
「カラーコンタクトレンズを装着する」

同記事も人気が高く、配信直後からアクセスが上昇、
マイナビ学生の窓口の健康カテゴリで、3位にランキングされました!

150826眼科_ランクイン

ぜひご参考ください。


眼科専門医が教える。
色の濃いサングラス、カラコン、インライン……、
目の健康にはバツ!

https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/18961/outline

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら

プールデートでプール熱に注意!
ニュースサイトに配信した記事が
アクセス2位にランクイン!

小中学生のころ、プールに入った後は、
「プール熱が出ないように、ちゃんとシャワーして」と
教えられた記憶があります。

プール熱とは、プールで遊び過ぎたことで疲れて
発熱することだとぼやっと考えていましたが、
最近になって、実は感染症の一種だということを知りました。

しかも、大学生でも、症状が出たら出席停止となると、
法律で決まっているそうです。

そこで、健康・家庭医学の分野でいつも取材を
させていただいている
臨床内科専門医で正木クリニック(大阪市生野区)の
正木初美院長に詳しく聞いてみました。

記事は、マイナビ学生の窓口、ヤフージャパン、ミクシィニュース、
ビッグローブ、エキサイトニュースほかの
大型ニュースサイトに配信されました。
配信直後からアクセスが上昇、『マイナビ 学生の窓口』というサイトの
健康カテゴリで、人気ランキング2位にランクインしました!

150821_プール熱_2位
正木初美院長は、
「プール熱とは感染症です。子ども特有の病気と
思われがちですが、大人もかかりやすく、
大人がかかると症状が重くなります。
温泉でも注意してください」と話されています。

つづきはこちらで。ぜひご参考になさってください!

臨床内科専門医が教える。プールデートで注意!?
大学でも出席停止になる「プール熱」とは

https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/18670

150821_プール熱_キャプチャ

■編集プロダクション・ユンブルのウェブサイトはこちら
■Facebookはこちら